フォアーッ

下記はゴルフのルールブックの冒頭の一文です。 

第1章 エチケット

◎ コース上での心得
はじめに
 この章ではゴルフゲームはどのようにプレーされるべきかというゴルフのマナーについてのガイドラインを規定しているが、これが守られれば、プレーヤーがみなゴルフを最大限に楽しむことができるだろう。この章全体に通じる基本的な考えは、コース上にいる他の人に対しても常に心をくばるべきということである。
ゴルフの精神
 ゴルフはほとんどの場合レフェリーの立ち会いなしに行われる。また、ゴルフゲームは、プレーヤーの一人ひとりが他のプレーヤーに対しても心くばりをし、ゴルフ規則を守ってプレーするというその誠実さに頼っている。プレーヤーはみな、どのように競い合っているときでもそのようなことに関係なく、礼儀正しさとスポーツマンシップを常に示しながら洗練されたマナーで立ちふるまうべきである。これこそが正に、ゴルフの精神なのである。
安全の確認
●プレーヤーは、ストロークや練習スイングをする場合、次のことを必ずよく確かめるようにするべきである。
(a)近くに誰も人が立っていないかどうか
(b)クラブや、球や石、砂利、木の小枝などが飛んでいって当たりそうな場所に誰も人が立っていないかどうか
●プレーヤーは、前の組のプレーヤーたちが球の届く範囲外に出るまではプレーを始めてはならない。
●プレーヤーは、近くや前方にいるコース作業員に危険な思いをさせる可能性のあるときは、ストロークを行おうとする前に必ずその人たちに注意するよう声を掛けるべきである。
●打った球が誰か人に当たる危険性のある方向に飛んで行った場合、プレーヤーはすぐに大声で危険を知らせるべきである。そのような場合に伝統的に使われてきている掛け声は「フォー!!」である。

 

 

 

ルールブックには規則よりも前にエチケットについて記載されているんですね。

 

一番下の記載に打球が人に当たる危険がある場合は「フォー!!」と掛け声をかけましょうというような内容の一文が記されています。

 

これは、「fore!!」なので、英語の発音だと「フォーーーーーァ!!」なるのだそうですが、日本では「ファー!!」あるいは「フォアー!!」と叫ぶ人の方が多いように思います。

 

正しいのはどちらかという事よりも、目的は遠くの人に危険を知らせるという事なので、「フォー」よりも「ファー」の方が声が遠くまで届きそうですからこれでもいいかもしれません。

 

ということで、打球が人に当たるかもしれない時は安全の為に大声で叫びましょう。