ドロップについて

傾斜の強い場所で、救済を受ける場合、ドロップをして落ちた位置から2クラブレングス以上転がるか、元の位置より近づいてしまった場合は再ドロップをしなければなりません。

 

2回ドロップしても止まらない場合は2回目のドロップでボールが落ちた地点にプレースをします。

 

こうした時の2クラブレングスは持っているクラブの中の一番長いクラブで測る事が出来ますので45インチのドライバーであれば115cm×2で230cm弱ですから意外と長いです。

 

プレースした方がボールが浮いた状態で打てる可能性が高いので少し得をした感じになりますが、2クラブレングスは意外と長いので注意が必要です。

 

プライベートのゴルフでは目くじら立てるほどでもないかもしれませんが、競技に出られる方は、確認のために2クラブレングスをクラブを使って測って確認する癖をつけておきましょう。

 

ちなみに、右カート道のフェアウェイ寄りの端にボールが止まっていた場合、にアレストポイントからの1クラブ+2クラブの計3クラブレングス以上元の位置から離れた所から打つ可能性もあります。

 

3クラブと言うと4メートル近くになりますからかなり元の位置から離れることもあるわけです。

 

このおかげで、邪魔だった木が全く邪魔にならないようなラッキーも発生しますし逆にグリーンの方向に打てなくなる事もあります。

 

こうした場合は、カート道の上から打ってしまった方がスコア上は良い選択になる事もありますが、クラブのソールに傷がついてしまうかもしれませんので、スコアをとるか、クラブの安全をとるかの選択に迫られることもあるでしょう。

 

これらをドロップする前にドロップ地点の傾斜の具合や芝草の量、周りの障害物の配置などをよく見てドロップ地点を決める事が出来たらルールが味方になってくれます。

 

ルールを正しく理解してゴルフを楽しくプレーして下さい。