グリーン上でのマナー

グリーン上でのマナーの一つに自分の足跡に気を配るという事があります。

 

普通に歩いていれば一切問題ありませんがたまに足を引きずるようにして歩く人のひっかき傷があります。

 

このひっかき傷がライン上にあった場合は修復することは認められませんので後から来る組にとても迷惑がかかってしまいます。

 

たまにうっかりで引きずってしまうのはしょうがない事ですが気が付いたらすぐに修復しましょう。

 

また、ソフトスパイクを履いていてパッティングの順番を待つ際にずっと同じ位置に立ち続けていると、鋲の跡がくっきりと残ってしまう事がありますので、止まっている時は出来るだけホールから遠い位置で待つようにしましょう。鋲の跡はホールに近いほどボールがその上を転がった時に大きい影響を与えてしまうからです。

 

ルール・マナーを守って楽しくゴルフをプレーしましょう。