冬のゴルフに関するルール

 

夏になくて、冬にあるものといえば雪や氷、霜などです。これらに関するルールをご紹介します。

 

雪、霜柱、自然の氷(雹や霰など)はルースインペディメントかカジュアルウォーターハザードからの救済をどちらか一つ選んで受ける事が出来ます。雪の上のボールの周りの雪をルースインペディメントとして取り除くか、カジュアルウォーターハザードとみなしてその救済を受ける事のどちらかを選ぶことが出来ます。ボールに付着した雪などはカジュアルウォーターハザードとみなして救済を受ける場合には拭く事が出来ます。ハザード内はルースインペディメントを取り除く事が出来ないので自動的にカジュアルウォーターハザードのみの適用となります。凍結した地面からの救済は受けられません。

 

露や霜はティインググラウンド内でのみ取り除く事が出来ます。これ以外の場所のプレーに関係する露や霜を取り除くとペナルティが課せられますので触らない習慣をつけておくといいでしょう。

 

人造の氷は障害物とみなされます。

 

ちなみに雪の上のボールは少々ダフッても少しスピン量が減って初速が少し落ちる程度なので芝の薄いフェアウェイよりも易しく打てるわりと易しいライと言えると思います。

 

ルールを正しく理解して冬ゴルフを楽しくプレーして下さい。