ラウンド中にスマホを使っていい?

ラウンド中にスマートフォンなどを使用することはできるのでしょうか?

裁定14-3/16では認められること、認められないことを規定しています。

例えば、ゴルフに無関係にそのような機器を使用すること(例えば、家に電話する)や、レッスン書やヤーデージブックを閲覧することは認められます。

一方で、アドバイスの違反となること(例えば、コーチに電話をする、スイングやプレーを分析、解析する)や、プレー中の競技の放送を見たり聴いたりすること、傾斜、風速、気温などの環境要因を考慮したプレー距離を計算したりすることは規則14-3の違反となります。

なお、2点間の距離のみを計測するために人工の機器の使用を認めるためにはローカルルールの制定が必要です(下記付属規則Ⅳ参照のこと)。

上記のように認められない使用方法はあるものの携帯電話そのものを禁止する規定はありません。しかし、携帯電話の使用が他のプレーヤーの迷惑となるように使用してはなりませんし、また再三にわたって他のプレーヤーの邪魔になる行為をしているのであれば、委員会はエチケットの重大な違反とみなして規則33-7に基づいてそのプレーヤーを競技失格とすることもできます。

 

ルールでは上記のように定められていますが、ゴルフは紳士のスポーツです。結局は個々のモラルに委ねられます。スコア集計アプリなどの入力に手間取ってプレーの遅延につながるようなケースもあるようです。今後は徐々にガイドラインもできてくると思いますが、ゴルファーの精神にのっとり上手にスマホを使いこなしましょう。