ティペグ

昔はプラスチック製で中心に穴があいていて東京タワーをひっくり返したようなやつか、木製のスリムなやつの2択でした。

そして現在、ゴルフショップでティペグを見てみると、地面の上に置くタイプのティがあります。これはティアップするだけなら簡単でいいのですが、芝生の長さによって高さが変わってしまいそうです。

斜めに刺して使うのもあります。本来は昔ながらの木製ティを目標方向に倒して皿部分を目標方向に傾けてティアップすることでボールとティペグの抵抗を減らそうという意図で斜めに刺すのですが、目標方向に倒して刺して皿が水平になるように作られてます。

 

インパクト中のヘッドとボールとティペグの関係を実況するとしたらこんな感じです。

「さあ、まもなくインパクトを迎えようとしています。フェースがボールに・・・・・今あたりました。おおっと!ボールがどんどん潰れていきます!そして、リーディングエッジがティペグ本体に襲いかかる!ボールは徐々に元の形へと姿を戻していきます。そしてボールは大空に打ち放たれどんどん小さくなっていきます!・・・・・・・・」

こんな感じでインパクト時のヘッドは最初にボールの抵抗を受け、次にティペグの抵抗を受けるのです。ボールが目標方向に落ちやすく、ティペグが目標方向に倒れやすいと、その抵抗を最小限にとどめることが出来ることになり、ヘッドの減速を最小限に抑えることができるので、最大の飛距離が・・・・・

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

 

 

出せそうに思えますが、1トンを超えると言われるインパクトの衝突エネルギーからすると、ティアップの仕方で変わるわずかな力など無いに等しいので無視してもいいくらいのものです。恐らくマシンテストをしたら違いは出ないのではないでしょうか。

 

しかし、実際の物理的な話よりも、ティアップの仕方やティペグを変えて、これなら飛びそうだと感じるメンタル部分の方が大きな影響を受け、飛距離アップにつながる可能性は、おおいにあると言っていいでしょう。ティアップの仕方やティペグを変えて試打するとマシンの結果は変わらないでしょうが、人の打った結果はこうすれば飛ぶと信じている人ほど距離が伸びることになりま・・・・す。・・・るかもしれない・・・多分 (゚-゚;)ヾ(-_-;) オイオイ…

 

まあ、そういうことです。ともあれ、ティアップの高さはとても大事ですよ (;^_^A