クラブを売る前に少し考えてください

ゴルフクラブやボールの進化が進んでバラエティに富んできましたが、クラブの購入法も選択肢が増えてきました。

 

購入にあたって下取りや買取り、中古ショップやオンラインのオークションで古いクラブを打ってから新しいものを購入する人も多くなっていると思います。

 

 

 

こうして、下取りに出してから新しいものを購入することで少ない金額を上乗せするだけで新しいものを買うことができます。

が、これにはリスクはつきものであることをご承知いただきたいところです。

 

それは、新たに手に入れたクラブが前のものよりも結果が悪くなってしまう場合です。

 

もし前のクラブが手元にあるなら、新しいものを売って元のクラブに戻せば被害を最小限に食い止めることができます。

 

しかし、手元に残していなければ結果の出ないクラブを我慢して使うか?再度新しいものを購入するか?

しなければなりません。

 

多くのゴルファーがこうした買い物の失敗を経験して学習して今に至っています。

古来から、安物買いの銭失いという言葉もあります。

 

失敗しないクラブの買い方としては、

・必ず試打をする。できればコースで使ってみる。

・購入を決めたら、実際に使用してこれでいいと思えてから、前のクラブを処分する。

 

できるなら、古いものも残しておくと将来的に使い道ができてくることもあります。

 

プロ野球の球団の運営のように、トレードはもし新しく加入した選手が結果を出せないと、チームが弱くなってしまいます。

 

なので、資金がある球団はトレードは最小限にとどめてFAや外国人選手うを年俸を支払って加入させます。
これなら、その選手が活躍できなくても、チームは弱くなりません。
そして、余った選手をトレードに出すことで新たな可能性が出てきます。

 

ということで、長い目で見ると新しいものを試してから古いものを手放す買い物の仕方が結果的に安い買い物になるのだと思います。

 

 

GSIゴルフジムでは体験レッスンの受講生を募集しています。

体験レッスンご予約はお問合せフォームから

遠方の方、なかなか通う時間のない方へ!

LINEで動画を送るだけのオンラインレッスン始めました。.詳しくこちら

お電話でのお問い合わせは03-6315-1551

レッスン中で出られなかった場合は、折り返しご連絡いたします。