ドライバーの飛距離アップのチューニング

何かと話題のデシャンボーがドライバーに極太グリップを装着しています。

 

クラブに装着されたグリップは手が滑りにくい、握りやすい太さ、重さによってクラブが振りやすくなることが求められます。

 

デシャンボーの意図はこのうちの握りやすさは置いておき、シャフトを長くしてバランスが出過ぎたドライバーをグリップを重くすることで振りやすくしたのだと思われます。

 

また、ドライバーは他の番手と比べてヘッドが大きく、そのため重心距離が長くなってしまいます。

 

重心距離が長くなると、ダウンスイングでフェースが開こうとする力が強くなり右に飛びやすくなります。

 

グリップを太くすることでフェースが開こうとする力を小さな力で抑えることができるようになりますので、こうした作用も働きます。

 

ドライバーの飛距離アップを狙うチューニングとしては、ヘッドスピードアップを目的として、ヘッドを軽くする、シャフトを長くするなどが考えられます。

 

ヘッドが軽くなることで失うエネルギーよりもヘッドスピードが上がる方が飛距離に対して有効になります。

 

ただし、ヘッドが軽くなるほど芯を外した時の飛距離ダウンが大きくなります。

 

シャフトを長くすることで、ヘッド軌道の半径が長くなりヘッドスピードが上がります。

 

長くすると相対的にヘッドが重くなるので、長くするにはヘッドの軽量化が必要になります。

 

デシャンボーの場合はあのパワーですから、ヘッドの軽量化をせずにシャフトを長くして、グリップを重くすることで振りやすくすることが彼にとって最も飛距離アップに有効だという結果に達したのでしょう。

 

結果的に他のクラブとの別物感は一層大きくなったでしょうけれど、それよりも飛距離が出るというメリットの方をとったことになります。

 

 

グリップを太くしなくてもグリップ部分のシャフトの内側におもりを入れる方法もありますが、グリップを太くすることもメリットになるという考え方だったのでしょう。

 

昔と比べて、ドライバーが曲がらないクラブになったことで飛距離に特化したクラブに仕上げるのもありになってきたということなのでしょう。

 

こうしたデシャンボーのチューニングをヒントに、シャフト軸まわりの慣性モーメントが大きくなったドライバーのヘッドが返りにくくなる性質を、

 

あまり重くせずにグリップを太くすることでヘッドを操作しやすくすることはコントロールの助けになります。

 

ただし、これは太いグリップが握りやすいかどうかが重要で、

 

太くなって振りにくくなる場合はどちらのメリットが大きいのかを考える必要があります。

 

もし、細いグリップが振りやすいなら重心距離が短いドライバーをチョイスしてバランスを軽め、シャフトを軟らかめのものを先手くするという手もあります。

 

あなたも自分のドライバーが少しでも飛ぶようなチューニングをお試しになってみてはいかがでしょうか?

 

 

 

GSIゴルフジムでは体験レッスンの受講生を募集しています。
体験レッスンご予約はお問合せフォームから

遠方の方、なかなか通う時間のない方へ!
LINEで動画を送るだけのオンラインレッスン始めました。詳しくはこちら

お電話でのお問い合わせは03-6315-1551

レッスン中で出られなかった場合は、折り返しご連絡いたします。