ボールの選び方どうしていますか?

近年、クラブ選びもそうですが、ボール選びも難しくなっています。

 

各メーカーがとてもいいボールを作るようになったというのもその理由の一つで、

 

よくいえばメーカーによってそう違いがないという感じです。

 

しかし、いわゆるスピン系とディスタンス系、その中間的ボールなど種類によってボールの性格ははっきりと違いがあり、

 

 

ボール選びで重要なのはどの種類のボールを選択するかということです。

 

それにはまず、メーカーを無作為でいいので一つにしぼって各種類のボールを試打しながら計測するか、

 

実際にコースで使用してみてどの種類のボールがいいかをさらにしぼって決定します。

 

種類が決まったらその種類のボールにしぼって各メーカーのものを試せば最終的に2.3球にしぼられるでしょう。

 

最後に残ったボールはおそらくどれを選んでも性能的にはそんなに差はないでしょう。

 

なので、最後は価格? 打感? デザイン性?など好みでいいでしょう。

 

しかし、このテストをした時期にスライス系の弾道だった人が、フック系に変わったら最適なボールはまた変わってしまうこともあります。

 

ヘッドスピードがアップしたりしても同様です。

 

そして、ゴルフの実力によっても判断基準は変わります。

 

初心者のうちはインパクトのフェースの当たり方のばらつきが大きいため、ボールの違いはあまりよくわからないでしょう。

 

なので、わからないなら安いほどいいと考える方が多く考え方としてもそれでいいと思います。

 

ダフリトップが減ってきてある程度ボールをミートできるようになってくる中級者はどの種類のボールを使うかこだわってみましょう。

 

プロ、上級者は技術的に成熟してボールのわずかな違いも分かりますから、わずかでもいいものを選ぼうとするでしょう。

 

例えばDr.デシャンボーは製品ごとの公差が少ないボールを自分で計測してチョイスしたそうです。

 

最後に自分がボールに何を求めるか?は自分の中ではっきりさせておきましょう。

 

あえて何も求めない?

 

少しでも安く?

 

少しでも遠くへ?

 

アプローチのスピン?

 

打感?

 

色?

 

なんでもいいと思います。

 

最後に、よくある落とし穴について。

 

例えば、女性の年配上級者ゴルファーはボールに対して少しでも飛ぶものがいいと考える人が多いでしょう。

 

だから、ディスタンス系?というのが必ずしもそうではありません。

 

ドライバーのスピン量が少な過ぎて飛ばなくなることがよくあります。

 

このような方はスピン系のボールの方が距離が出てアプローチもしやすいのでここを正しく判断できるかどうかで飛距離もスコアも変わるでしょう。

 

逆に、どのショットもスピン量が多いという上級者などはディスタンス系を選択した方が良くなることもあります。

 

他にもメーカーの意図から外れたタイプのプレイヤーに意図しなかった効果が現れることもあります。

 

こんなこともあるのでボール選びは冷静に思い込みを捨ててテストしてみることをおすゝめします。

 

ということで、1からボール選びをするときは、

 

無作為でいいのでメーカーを決める

 

そのメーカーの中から種類を決める

 

同じ種類のボールの中からどのメーカーのものにするか決める

 

最後に数個で迷ったらどれを選んでも大差はないので好みで決める

 

自分に最も合っていると思われるボールが見つかれば、飛距離その他が大きくレベルアップすることもありますので、

 

是非こだわりを持ってボールを選んでみてください。

 

 

 

GSIゴルフジムでは体験レッスンの受講生を募集しています。
体験レッスンご予約はお問合せフォームから

遠方の方、なかなか通う時間のない方へ!
LINEで動画を送るだけのオンラインレッスン始めました。詳しくはこちら

お電話でのお問い合わせは03-6315-1551

レッスン中で出られなかった場合は、折り返しご連絡いたします。