競技出ないなら高反発加工もあり?

ドライバーは歴史上最も進化した番手ではないでしょうか?

 

ゴルファーたちの飛距離を指したいという思いと飛ぶドライバーを作りたいという作り手の思いがそうさせたのだと思います。

 

飛ぶドライバーにするにはシャフトとヘッドの軽量化によりヘッドスピードを高めて、ヘッドの高反発化をすることでボール初速がアップしました。

 

高強度な素材により大きく頑丈なヘッドになりスイートエリアが拡大しました。

 

ヘッドの低重心化でスピン量が少なくなり最適な弾道にすることで風に強く距離も出るようになりました。

 

ヘッドの容積、反発係数には規制がかけられているのでほぼ伸びしろが少なくなってきました。

 

競技に参加しないゴルファーの中には、フェースの肉厚を薄くして規制を超えるよう高反発加工をしたり、

 

メーカーからも競技で使えないことを謳い文句にした高反発ドライバーも発売されています。

 

 

現在の反発係数だと世界一飛ぶ人でもあまり割れることがないくらいになっていて、

 

ヘッドスピードがある人ほど同じ反発係数ならボール初速がアップします。

 

遅い人はフェースがほとんどたわまないので恩恵があまり受けられません。

 

高反発加工は自分のヘッドスピードで割れないであろうギリギリの強度になるようオーダーすることもできます。

 

また、高反発加工をするということはフェースの肉厚が薄くなるように削るので、

 

クラブによってはフェースの重さが10グラムくらい軽くなります。

 

すると、重心震度が深くなって球が上がりやすい性格のクラブになります。

 

減った10グラムを軽くなった分長くしたり、おもりを重いものに交換したり、鉛を貼るなどすることで自分に合ったチューニングができます。

 

そこまでを見越して高反発加工のオーダーができると自分だけのぶっ飛びドライバーにすることができます。

 

これがわからないままオーダーするとスピン量が増えて逆に飛距離が落ちたり、振りにくくなってヘッドスピードが落ちてしまったりして逆効果になってしまうこともあります。

 

どのようなヘッドを高反発加工してどのようにチューンアップするかを決めてからオーダーを入れるようにしてください。

 

ご自分で判断が難しい場合はショップの方やプロに相談するか、理想は加工後のショットを見てもらいながらチューンアップしていくと結構な飛距離アップになると思います。

 

また、ドライバーに限らずフェアウェイウッドやユーティリティ、一部のアイアンも加工可能です。

 

競技では使えませんが、ドライバーの飛距離が出るとゴルフも楽しくなるでしょうから、一度お試しになってみてはいかがでしょうか?

 

 

 

GSIゴルフジムでは体験レッスンの受講生を募集しています。
体験レッスンご予約はお問合せフォームから

遠方の方、なかなか通う時間のない方へ!
LINEで動画を送るだけのオンラインレッスン始めました。詳しくはこちら

お電話でのお問い合わせは03-6315-1551

レッスン中で出られなかった場合は、折り返しご連絡いたします。