アドレスのときにターゲットラインとリーディングエッジを直角にするだけでは足りない?

 

アドレス時はターゲットラインに対してリーディングエッジやスコアライン(フェースの溝)を直角に合わせるようにしましょう。

 

というのが基本といわれています。

 

これは、下の画像のようにフェース面から直角に伸びる線が目標の真上に向くようにするためのクラブの合わせ方です。

 

クラブの特性としてフェースはグリップの高さを変えずにヘッドを上に持ち上げるほど左に向き、下に下げるほど右を向きます。

 

 

なので、つま先上がりのライでリーディングエッジをターゲットラインと直角に合わせて構えるとフェースは左を向くのでつま先上がりから打つとボールは左へ飛ぶことになります。

 

また、つま先上がりのライから打つ場合、ロフトの大きなクラブほどフェースが左を向きます。

 

リーディングエッジを垂直にしてヘッドをグリップの高さまで持ち上げシャフトを水平にしたときにそのクラブのロフト分フェースが左へ向き、このときに最もフェースの向きが左へ向きます。

 

こうしたクラブの特性を理解した上でどのような傾斜地でもフェースを目標に向けて構えられるように訓練をすると、アドレスのミスでミスショットをしないですむようになります。

 

ということで目標にフェースを向けて構えるために、リーディングエッジやスコアラインの向きに頼りすぎず、フェース面と直角な線を想像して目標に対して正しく向けることができるようにしていきましょう。

 

 

 

GSIゴルフジムでは体験レッスンの受講生を募集しています。
体験レッスンご予約はお問合せフォームから

遠方の方、なかなか通う時間のない方へ!
LINEで動画を送るだけのオンラインレッスン始めました。詳しくはこちら

お電話でのお問い合わせは03-6315-1551

レッスン中で出られなかった場合は、折り返しご連絡いたします。