サンドウェッジの打ち方とソールの関係は?

バンカーショットの打ち方のレッスン記事などを見ると、ボールの手前5センチにヘッドを入れるように打とう。

 

という教えがあります。

 

ガードバンカーには多くの場合高いアゴがあります。

 

これを超えるように打つためにエクスプロージョンショットがあります。

 

砂を爆発させるように打つからエクスプロージョンショットといわれています。

 

実際のところ砂を爆発させるためにスイングするわけではありません。

 

アゴを越えるためにフェースを開いて打つと砂をたたかざるを得ないだけで、砂を取ること自体には意味がありません。

 

エクスプロージョンショットのインパクトではリーディングエッジが、ボールの一番低い部分と同じ高さかやや下を通過する必要があります。

 

すると、インパクトではフェースを開いていることで、バウンスが1センチほどリーディングエッジよりも低い高さを通過することになります。

 

ということは、ボールの手前5~10センチにバウンス部分が接地してインパクトまでに1センチ潜っていくことになるので、砂を打たざるを得ないということです。

 

 

なので、ソール幅が広い方が砂の中で滑りやすいので易しいといわれていますが、ソール幅が広いほどフェースを開いたときにバウンスとリーディングエッジの高低差が大きいので砂を多くとることになり砂の抵抗が大きいため力が必要になります。

 

ふわふわのやわらかいバンカーには適しています。

 

一方ソール幅の狭いと開いたときにリーディングエッジの浮く量が少ないので芝生が薄いところからでもフェースを開いても開かなくてもリーディングエッジが適度に浮くので様々な状況に対応できる代わりに軟らかいバンカーで打ち込むように打ってしまうとヘッドが砂に潜ってしまうのでやわらかいバンカーでは要注意です。

 

ということで、エクスプロージョンショットではフェースを開いてリーディングエッジが砂面の高さを通るように打てば、自然に砂がとれるということです。

 

サンドウェッジというクラブをよく理解して使えば、バンカーでも決して特殊な打ち方をしなくても上手に打つことができると思います。

 

 

 

GSIゴルフジムでは体験レッスンの受講生を募集しています。
体験レッスンご予約はお問合せフォームから

遠方の方、なかなか通う時間のない方へ!
LINEで動画を送るだけのオンラインレッスン始めました。詳しくはこちら

お電話でのお問い合わせは03-6315-1551

レッスン中で出られなかった場合は、折り返しご連絡いたします