クラブの重さ選びは慎重に

ニューモデルの設計はプロの意見に大きく左右されるケースが多いと思います。

 

技術的に確かな人ほどクラブの違いを細かく感じ取ることができます。

 

故にプロの意見が大きく反映されるわけですが、同時にプロは大きなクラブの変化を嫌う傾向もあります。

 

もし現在のクラブを30年前の世界のプロに渡したとしたら、ヘッドが大き過ぎる、軽すぎる、その他もろもろの文句が出て敬遠され、ルール上も厳しく規制されるかもしれません。

 

実際、良いクラブなのにゴルファーが技術的に追いつけないがために時代の陰に埋もれていったクラブもあります。

 

そんな背景もあり、少しずつクラブは変化し進化してきました。

 

軽いクラブのデメリットは、飛距離が不安定、芯を外したときにミスが大きい、関節への衝撃が大きい、ラフやバンカーなどの抵抗に負ける、手打ちになりやすい、などです。

 

一方メリットは、ヘッドスピードが出せるため飛距離が出せる、体重が軽い人非力な人でも楽に振れる、身体への負担が少ない。

 

アイアンは重め、長くなるほど軽くするというのが昔から変わらない基本になります。

 

クラブは軽いほど良いとは限りません、重すぎると飛距離で損をします。

 

少し大げさにいうと、クラブの重量選択でゴルフ人生が左右されます。

 

ということで、実際に使ってみて自分にとって最適な重量のクラブを使うようにしてください。

 

 

 

GSIゴルフジムでは体験レッスンの受講生を募集しています。
体験レッスンご予約はお問合せフォームから

遠方の方、なかなか通う時間のない方へ!
LINEで動画を送るだけのオンラインレッスン始めました。詳しくはこちら

お電話でのお問い合わせは03-6315-1551

レッスン中で出られなかった場合は、折り返しご連絡いたします