UTにするかFWにするか?

 

 

30年以上前は3番アイアンを使うか7番ウッドを使うか?の選択があるくらいで男性も女性も番手の構成はほとんど変わりませんでした。

 

それ以降タラコと呼ばれるPRGRの中空カーボンアイアンが発売されて以降徐々にユーティリティが進化を始めました。

 

そして、片山晋呉が7、9番ウッドを取り入れるとショートウッドが各モデルのラインナップに加わるようになり、最近になってユーティリティが主流になり始め、

 

ショートウッドの火付け役

 

最近ではミドルアイアンの代わりもユーティリティにする人も出てきました。

 

ロングアイアンもわずかに生き残っていますが、3番アイアンが消え去りそうな気配もあります。

 

そこで、3,4,5番アイアン相当のクラブは何を入れたらいいか?

 

球が上がらない人、芯に当たらない人、ショートアイアンが得意な人

7W 9W 11W 6U

 

球が高い人

3Uor3I 4I 5I

 

弾道を打ち分けたい人

3I 4I 5I 6I

 

また、ユーティリティもウッド型 アイアン型 ディープフェース シャローフェースとタイプがあります。

 

 

インパクトでハンドファーストの度合いが強い人はユーティリティでなくショートウッドが合います。

 

ハンドファーストの度合いが小さいか、ハンドレート気味な人はアイアン型のユーティリティが合います。

 

ダウンブローに打つ人はディープフェースのユーティリティが合います。

 

レベルからアッパー気味に打つ人シャローフェースのユーティリティが合います。

 

選択肢が多いのは有り難いことですが、いざ選ぶとなるとややこしいですね。

 

折角使うなら自分のゴルフを助けてくれるクラブを選びたいものです。

 

 

 

GSIゴルフジムでは体験レッスンの受講生を募集しています。
体験レッスンご予約はお問合せフォームから

遠方の方、なかなか通う時間のない方へ!
LINEで動画を送るだけのオンラインレッスン始めました。詳しくはこちら

お電話でのお問い合わせは03-6315-1551

レッスン中で出られなかった場合は、折り返しご連絡いたします