現代スイング、最新スイングってどんな打ち方?

 

 

よく、現代スイングの世界基準とか最新スイングというワードを耳にしますが、

 

実はそう新しくなっているわけでなく、流行りのスイングの流派が代わる代わる変わっているだけというのが現状です。

 

 

画像1

Pの方が重心角が大きいといいます

 

 

最近のクラブの特長は一言でいうと低重心、大重心角です。

 

アイアンでいえば低重心にすることで上がりやすく、大重心角になることでつかまりやすく芯を外してもミスになりにくく飛距離ロスが少なくなります。

 

ウッドでいえば低重心にすることで上がりやすく、スピン量が減り飛距離アップにつながり、大重心角になれば芯を外しても飛距離が出せて、球が上がりやすくなります。

 

簡単にいうと現代のウッドはウェッジ化してきているといえます。

 

重心角が大きいクラブほどインパクトでハンドファーストの度合いが大きくなるように打つと飛距離、方向性共に安定します。

 

上がりやすいクラブで上がらないように打つというのが現代クラブの打ち方といえます。

 

トップでシャットフェースにしてハンドファーストに当てる今話題の渋野日向子やD・ジョンソンのようなスイングに適性があるといえます。

 

もし、この2人が30年以上前に表れていたら全英オープン(低い弾道が有利)しか勝てない選手になっていたと思います。

 

 

画像2

 

 

 

最近のドライバーはウェッジ並みかそれ以上の重心角になっているものが多いのでウェッジやショートアイアンが得意な人がドライバーも上手い傾向になりやすくなっています。

 

アイアンについてはまだ昔からの名残で長いアイアンほど重心角が小さくなっていますが、フルセット全て同じ重心角になるように変わっていくような気がします。

 

そうなるとこれまで高い弾道だった人は戸惑いを感じるでしょう。

 

いずれにせよ、いつの時代でもクラブの重心角に合わせたインパクトのためのスイングがその時代の主流の打ち方となってきました。

 

そういう意味では、トップでオープンフェースだったジャンボ尾崎さんの全盛時のスイングは現在は不利な打ち方となります。

 

とはいえ、もう少し経てばどのスイングタイプでも打てるようにクラブが多様化し、自分の打ち方に合うクラブを見つけられない人が一番不利になていくことでしょう。

 

たかがクラブですが、自分に合ったクラブでプレーできればスコアアップも期待できゴルフをより楽しむことができるでしょう。

 

 

 

GSIゴルフジムでは体験レッスンの受講生を募集しています。
体験レッスンご予約はお問合せフォームから

遠方の方、なかなか通う時間のない方へ!
LINEで動画を送るだけのオンラインレッスン始めました。詳しくはこちら

お電話でのお問い合わせは03-6315-1551

レッスン中で出られなかった場合は、折り返しご連絡いたします