ドロップボールはロフトを増やして解決しましょう

 
古来から弾道を表現する言葉というものがありました。

 
昔多かったのが、吹け上がるという言葉でした。
これは今風に表現するとスピン量が多く上に伸びるというかボールが浮き上がっていく弾道のボールのことをいいました。
 
いつしかクラブ、ボールの低スピン化により吹け上がるという言葉は死語になりました。
この吹け上がるボールの反対は球が潜るといわれていました。
今でいう最適な弾道やドロップボールのことです。

 
打ち出し角が高くスピン量が少ない弾道のボールのことを大球(おおだま)といいました。

 
低スピン化によりアイアンの弾道は大球に近づいて、吹け上がるボールはめくれ上がるという表現に代わってきています。
 

男子のパワーヒッターは一部このめくれ上がる球を使ってプレーしていますが、大球で高さで止めるような傾向になっています。
アイアンでいえばバウンス角が小さく低重心のものが適します。

 

クリックすると新しいウィンドウで開きます

 

そして、吹け上がるボールに困っていた人に代わり、球がドロップする人が困る人が多い時代となっています。

 
ドライバーやウッドで球がドロップするのは、ロフトを増やすことで解消ができます。

ドライバーのロフトを大きくし、3Wを抜き、4Wを入れるなどすると解決します。

ヘッドは重心位置が深いものをチョイスしてください。

良いクラブが多く流通していますので、クラブで損をしないように気をつけましょう。

 

 
⛳GSIゴルフジムでは体験レッスンの受講生を募集しています。
体験レッスンご予約はお問合せフォームから

遠方の方、なかなか通う時間のない方へ!
LINEで動画を送るだけのオンラインレッスン始めました。詳しくはこちら

お電話でのお問い合わせは03-6315-1551

レッスン中で出られなかった場合は、折り返しご連絡いたします。