ゴルフはパワーヒッター有利の度合いが大きくなってきました

30年以上前のボールは糸巻きボールといわれる、中心が液体のスーパーボールのようなものに糸ゴムを伸ばしながら巻いて球体にしてカバーをくっつけたものでした。

 

中心が液体なのでリキッドセンターともいわれます。

 

その後2ピースボールの出現で、プロも2ピースボールに移行していき、

 

 

https://www.golfcraft-oki.com

 

 

同じくらいのタイミングでドライバーのヘッドが金属になりました。

 

この頃までは、男性の飛ばし屋にはボールがつぶれすぎて、思い切り打つとスピン量が増えるばかりで、パワーを活かせない状態でした。

 

そして近年、パワーヒッターが思い切り振っても折れない軽いシャフト、スピンが増え過ぎず反発係数の高いヘッド、スピンがかかり過ぎないボールになって、

 

男性のパワーヒッターが打ってもエネルギーロスが少ない道具になってきています。

 

なので昔はパワーヒッターが飛距離を活かしきれない中で、スピン量を少なくする打ち方の技巧派が十分に戦えました。

 

現在は、パワーヒッターのスイングをセーブする度合いがとても少なくなってきていて、パワー勝負に移行してる時期になっています。

 

このために、一時男子プロと女子プロの飛距離が接近してきていたのが、ここ数年は少しその差が広がりつつあります。

 

このように、道具によって適正なプレースタイルも、スイングも変化して、道具に適性がある人も変わっていきます。

 

道具に適応して技術を磨いていくことも上達のための条件といえるかもしれません。

 

 

 

⛳GSIゴルフジムでは体験レッスンの受講生を募集しています。

体験レッスンご予約はこちら

お電話でのお問い合わせは03-6315-1551

レッスン中で出られなかった場合は、折り返しいたします。