フックフェースのドライバーの構え方

フックフェースのドライバーを使う意図は次の2通りになります。

 

①   ボールが右に飛んでしまうことを緩和する。

②   弾道が低いのを適正にする。

③   もっとハンドファーストに打ちたい

 

①はインパクトでフェースが右へ向く事で打球が右へ行ってしまうので、アドレス時は右へ向いてしまう分だけフェースを左へ向けておくというのがフックフェースにする目的です。

 

なので、①のためにフックフェースにのドライバーを使う場合はヘッドを地面に置いた状態で、シャフトをターゲットラインと直角にして構えることでフックフェースの分だけフェースが左へ向くのでそのクラブの状態で構えます。

 

結果的にふぃっくフェースの分だけフェースに対してはフックグリップになります。

 

②は、①の状態からシャフトを時計回りに回してスコアライン(フェースの溝、あるいは溝のような線)がターゲットラインと直角になるようにします。

 

すると、左に向いていたフェースが目標に真っ直ぐになって①の状態よりもフェースが上に向きます(ロフト角が増える)ので球を高く上げる事が出来るようになります。

 

結果的にフェースに対してはスライスグリップになります。

 

③はソールがピタッとついた状態でフェースをスクエアな状態にセットするとグリップエンドがターゲットに近づきます。

 

このクラブの状態で構えます。

 

フックフェースというのはカチャカチャでロフトを増やした状態がフックフェースになるので、①と②の状態を区別して目的に応じてセットアップしましょう。

 

 

 

GSIゴルフジムでは体験レッスンの受講生を募集しています。

⇒体験レッスンはこちら

 

you tubeにレッスン動画をアップしています。

⇒レッスン動画はこちら