マッチプレーのすすめ

マッチプレーを行うと、相手のプレーを見ながらゴルフを組み立てる事になります。

例えばミドルホールのティショットで、相手がオナーでティショットを右のOBに打ちました。

確率を考えると、相手はダブルボギー以上になると想定します。このホールを勝つには

自分はボギー以下ならOKです。次にボギーを確実に取れる為の攻略ルートを探します。

(例)

①ティショットは左のラフで良い

(ドライバーでフェアウェーに打つのは難しいが、左に逃げる位は打てる自信はある)

②セカンドショットは、グリーン周りのバンカーまで届かないクラブで打つ

(バンカーが苦手な為)

③アプローチはとりあえずグリーンオンさせる

(2パット圏内には寄せる自信はある)

④2パットでOK

これでボギーを取る為のコースマネージメントが完成した事になります。大切なことは

今の技術でスコアを作る事と、スコアアップを目指す時に、必要な技術を明確にしておく

事です。課題を明確にして、今後の練習内容を決めると良いでしょう。