機械に頼りすぎない。

近年のゴルフは、レーザー距離測定器やGPSゴルフナビゲーションなどの普及により、自分で歩測したり、視覚を研ぎ澄まし距離を感じとる必要性がなくなりつつあります。

しかし上記のようなゴルフに慣れてしまうと、距離感という能力が衰えてしまう可能性があります。

車の運転でも同じことが言えますが、カーナビに頼りすぎて、最近は道を覚えられなくなってしまったという話は皆さんにも心当たりがあるのではないかと思います。

特にクラブ競技やコンペに積極的に参加しようとお考えの方などは、距離測定器やGPSナビゲーションを使用しないでラウンドをしたり、距離を測定する前に自分の感覚で残りの距離を推測し、その後に測定器を使用して距離感を磨くなど自分なりに工夫をしていただくと良いのではないかと思います。