グリップ

グリップについてです。

握り方ではなく、グリップという部品そのものについて考えてみます。

グリップの素材、重量、口径、硬度、バックラインの有無などは、スイングをスムーズに行う為に重要な項目になります。

自分にあったグリップを装着して、ゴルフを楽しみましょう。

グリップの口径

グリップが太すぎたり、細すぎたりするとクラブが振りにくくなってしまいますので、自分に合った太さを見つけましょう。

グリップの口径は、M58やM60、M62などの数字で表されています。

上記の数字は、グリップの内径を表しており、M58は0.58インチ、M60は0.60インチ、M62は0.62インチになります。
数字が小さいほど内径が短い事になり、肉厚になるので太くなります。

一般的な太さは、男性用はM60、女性用はM62位だと思います。

グリップ重量は、軽いグリップを装着するとスイングウェイトが重くなり、重いグリップを装着するとスイングウェイトが軽くなります。

例 50グラムのグリップを装着時→D2

55グラムのグリップを装着時→D3

45グラムのグリップを装着時→D1

になります。

グリップの重量が5グラム変わると、バランスは1ポイント変わりますが、1ポイントの変化は人により、全く気にならない方もいれば、振りごこちが全然違うと感じる人もいるかと思います。

バックラインの有無は、バックラインがある事で、毎回同じグリップをしやすいメリットと、握りを変えたい時に気になってしまうデメリットなどが考えられますが、やはら本人がどう感じるかだと思います。

素材については、握った感触ですので、これも個人により異なるものになります。

いずれにせよ、握りやすいグリップはゴルフのパフォーマンスを最大限引き出してくれるものですので、自分に合ったグリップを見つけましょう。