アイアン ティショットの方が飛ぶ?

アイアンやフェアウェイウッドの飛距離の目安は個人個人でそれぞれ理解されていると思います。

 

これらのクラブはドライバーやパターと比べるとフェアウェイ、ラフ、バンカー、ベアグラウンド、ティショットなどのいろいろな状況で使うために状況により飛距離が変わります。これは経験的、統計的に判るようになるでしょう。

 

飛距離についての法則を簡単にご紹介しましょう。

 

飛距離を決める要素はボールの打ち出し初速、打出し高さ、スピン量、です。この3つが状況によって変わると飛距離が変わります。この3つが適正な場合飛距離が出ることになります。

 

この適正値は大まかにいうと、飛距離を出すには初速は速いほどいいでしょう。打出し角が高いほどスピンは少なく、低いほど多めのスピン量が必要です。

 

これからするとアイアンの場合、ティショットは芯で打てるために初速が出ますが、インパクトでフェースとボールの間に何かがはさまることがないためにスピン量が多くなるので飛ばし屋ほど飛距離は伸びず、ヘッドスピードが遅い人ほど飛距離は伸びるでしょう。