アドバイス

教え魔に代表されるように、ゴルフスイングを人に教えたがる方も、世の中にはたくさんいます。

しかし、熱心にアドバイスをしてくれるので、無視をするという事もなかなか出来ないという方が多いのではないでしょうか?

人からアドバイスを受ける時には、その中に、イメージに偏らず、事実が含まれているかを見極める事が大切だと思います。

例えば、今のスイングは腰が開いちゃったからスライスしたんだよ。という言葉などが代表例として挙げられます。

ボールの飛び方は、インパクトゾーンのクラブヘッドの軌道とクラブフェイスの向きによって決まります。

スライスするのは、クラブヘッドの軌道に対してクラブフェイスが開いた状態でボールに当たるからです。

クラブの軌道とクラブフェイスの向きをコントロール出来る上級者であれば、腰を大きく開いてもフックボールを打つ事は出来るはずです。

迷える子羊にならない為には、人から授かるイメージを鵜呑みにせず、事実を見極め、有効な対策を取られるようにされると良いと思います。