スコアは意識するもの

コンペなどで、同伴のプレーヤーから「絶好調ですね。このままいけば優勝も狙えますよ」などと声をかけられてしまい、その後のプレーは、今までの調子が嘘のように崩れてしまい、上がってみれば入賞にさえ絡めない始末なんて経験をされた方もいるかもしれません。

 

スコアなんて意識していなかったのに、あの時アイツが余計な事を言わなければ・・・と思ってしまうかもしれませんが、相手も悪気があったのではなく、心底あなたの事を応援している気持ちを伝えたかったのだと思います。

 

スコアというものは、上がってみたら良いスコアだったというものではないと思います。上級者が安定したロースコアで上がれるのは、常にスコアを意識し、コースマネジメントを組み立てているからではないでしょうか?

 

アベレージゴルファーの方と、上級者の方の違いに状況の把握の違いが挙げられます。

 

アベレージゴルファーの方は、自分のスコアを数える事や、自分のコースマネジメントしか考えていない場合がほとんどだと思います。

 

それに対し上級者の場合、自分のスコアだけでなく、同伴競技者全員のスコアや、同伴競技者の心情さえも察してプレーをしている方もいます。つまり広い視野で、客観的にゴルフを見れるという事です。

 

人は、必要となる情報には敏感になります。上級者が同伴競技者全員のスコアなどを覚えられるのは、ニギリなどを繰り返し行なってきた中で、自分のおかれている状況、相手のおかれている状況を知る必要があったからだと推測されます。

 

皆さんも上級者に「ニギリをしないと上手くならないと言われた事があるかもしれません」

 

上記の発言は、上級者にカモにされるとも捉えられますが、状況を冷静に把握する良いトレーニングになるとも言えると思います。

 

チョコレートを賭けて、相手との駆け引きなどを楽しめるようになれば、レベルアップ間違いありません。