ショートパットとラーメン

ゴルフは、打ち終わったショットには区切りをつけ、また新しい一打に集中するといった流れでラウンドを進めていけると理想的です。

 

その為には、最後にカップインを狙うショートパットが大切になります。これが一発で沈められると、気持ちが前向きになり、犯してしまったミスも忘れられたりと精神的な負担が軽くなります。

 

ゴルフは18ホールで構成されていますが、1ホール毎に独立したスコアを記入するわけですから、過去を振り返る事なく、常に新鮮な気持ちを保ちたいものです。

 

私はラーメンが好きなのですが、夜にお酒を飲んだ後の締めで食べるのが一番最高の状況です。今日と言う日に区切りがついて、また明日から頑張ろうという心穏やかな気分になります。

 

ショートパットと一日の締めのラーメンは、私にとって精神衛生上とても大切なものです。