右をさける

 

クラブフェースに、市販のゴムティーを両面テープで張ってみて下さい。

 

クラブフェースに直角のゴムティーの向きに注目します。シャフト軸を反時計回りに回すとクラブフェースの向きが左を向いて、かつ下方向に向きます。この特性を生かす事で右へのミスを防ぐ事が出来るかもしれません。

 

皆さんはアゲインストの時に、低いボールを打とうと試みてボールが左に飛んでしまった経験はないでしょうか?ロフトを立たせてインパクトをしたときにシャフト軸が反時計回り回ってしまった可能性が高いミスなのではないかと思います。

 

私は右にトラブルのあるホールでは上記の現象が起こりやすくなる事を狙って、低いボールを打つことがあります。低い球を打とうとすると、ヒッカケも出やすくなるかもしれませんし、ティアップが高いとテンプラの恐れもありますし、ロフトが減りすぎてドチーピンの可能性もありますが、右のOBを避ける事だけは出来るかもしれません。