アイアンの距離感が合わない

アイアンの距離感がどうもいまいちという方がいたら、クラブがアンダースペックの可能性も考えられるので調べてみましょう。

 

よくあるパターンとして、ドライバーのシャフトが60g台のシャフトを使用しているパワーヒッターが、アイアンは軽量カーボンの50gのシャフトを使用しているようなケースです。

 

アンダースペックのクラブでは、距離を落とそうとした時などに、自分の意思に反してヘッドが走ってしまう可能性があります。簡単にいうと急加速が起きてしまう可能性があるということです。

 

反対に重いクラブは、急加速が起こりづらいので、ボールが飛びすぎてしまう可能性が低くなります。

 

アイアンは、飛ばすクラブではなく、グリーンに乗せるクラブなので、その為には毎回安定したヘッドスピードで打つ事が大切な要素です。一発の飛びは必要ありません。

 

アイアンの距離感を磨くには、自分が振り切れる中でなるべく重いクラブを使用すると良いと思います。