ボールの硬度

過去にボールメーカーが計測したデータによると、インパクト時にボールとクラブフェースが接触している時間は、硬いボールで1万分の4秒~柔らかいボールで1万分の6秒位の幅で変動があるそうです。

 

硬い、柔らかいというのは、プレーヤーのヘッドスピードや、スイングの違いなどにより一概には言えませんが、その接触時間の変化、1万分の2秒の差を感じ取れるほど人間の能力は高いとは驚きます。

 

スイングのレベルが上がって、インパクトの再現性が高くなったらボールの硬さにもこだわるのも有効でしょう。

 

コントロールがしずらいと感じたら、ボールが硬すぎてインパクトのボールとクラブフェースの接触時間が短いという可能性も考えられるかもしれません。

 

ボールの硬度を変えたら、飛距離が伸びる可能性はあると思います。        多分...