切土、盛り土って聞いたことありますか?

傾斜がきついゴルフ場はプレーをするのは難しいですが、ショットの技術でコントロールすることができる範囲を超えるような傾斜はプレーの公平性に欠けてしまうので、

良いゴルフ場は傾斜が少なくなるよう造成されます。

 

もし、ティからグリーンを見て高低差が大きい場合、ティ周辺の土を切り取り(切土)低いところに盛る(盛り土)という手法を使って、高低差を小さくしたり、傾斜を小さくしたりします。

 

ゴルフ場建設の際に、切土、盛り土の量は必要最小限にするようにという条例があるので、その必要がないような敷地を選定するのはとても大切です。

 

とゴルフ場を作るわけではないのでどうでもいいですが、こうした工法で作られたホールはいろいろと錯覚しやすいので注意が必要です。

 

ティーからグリーンを見てホールの右側を切土して、そして左側に盛り土をしたホールでは左への傾斜が小さくなるのですが、このホールをフェアウェイを歩きながら見てみると、平らなホールに見えたりする錯覚を起こしやすくなります。

 

グリーンも左側が砲台グリーンになり、グリーン手前から奥を見るとストレートに見えて実はフックするというグリーンになります。

 

基本的にホールの右から左に向かって排水をしたいのでスライスラインになるような造りにはしないのが普通ですが、もしそうした形状に仕上げても盛り土の量(土の厚さ)が多いほどあとで自然に沈下するので施工から年月が経つほど右から左への傾斜になっていきます。

 

また、盛り土をした部分は大雨などで土砂崩れが起きやすくなるなどの危険があります。

 

ということで、こうしたホールのプレーをする際は、ボールが転がるときに見た目よりも右から左に曲がっていくので、思ったよりも右へ打ち出していく必要があります。

 

グリーン上も傾斜を錯覚しないようしっかりと傾斜を見ましょう。

 

そしてもしラインがハッキリしない場合は少しだけホールの高い側に打ち出すようにするといいでしょう。

 

 

 

GSIゴルフジムでは体験レッスンの受講生を募集しています。
体験レッスンご予約はお問合せフォームから

遠方の方、なかなか通う時間のない方へ!
LINEで動画を送るだけのオンラインレッスン始めました。詳しくはこちら

お電話でのお問い合わせは03-6315-1551

レッスン中で出られなかった場合は、折り返しご連絡いたします。