冬の飛距離ロス

冬は、地面が凍っている場合などの例外を除き、飛距離が落ちてしまうのでゴルファーにとっては辛い時期だと思います。

 

そんな中でも少しでも工夫をして、飛距離のロスを最小限にとどめたいと私なりに実践している方法をお伝えします。参考になるかは分かりませんが、ご興味のある方はお試し下さい。

 

まずボールについてですが、私は冬の期間は、通常使っているボールよりも柔らかいボールにチェンジします。理由は気温が低くなると、ボールの弾性係数があがってしまうそうです。ということは、ボールのコアの潰れ具合が、夏場に比べると少なくなってしまう事が考えられます。

 

普段使っているボールのコンプレッションを調べて、そのボールよりも、コンプレッションの低いボールにするといった具合で良いと思います。

 

上記の理由に加えて、冬場は人間の能力自体の低下も考えられます。関節の可動域が狭くなる事もあるでしょうし、さらに防寒対策の為に、着膨れしてクラブを速く振る事も容易ではないでしょう。他にも気温の低下によって、空気の密度が高くなり、飛距離が落ちるという方もいます。とにかく冬はボールが飛ばない条件が重なる時期なのでしょう。。。

 

ボールを変える事の他にも、クラブヘッドに鉛を貼って、シャフトがしなりやすいようにする場合もあります。シャフトがしなる事により、ボールとクラブヘッドの接触時間を少しばかり、長くできる可能性があるかもしれません。

 

今日の例は参考程度のもので、劇的な変化は期待はしないほうが良いと思います。しかし自分はこれだけの準備をしたという心構えができると思います。納得のいく準備をして臨むということは、とても大切な事ではないかと思います。。