バンカーの砂

バンカーショットは、コースによって砂の質が違うので、上手く打てたと思ったのに、距離が合わなかったというケースがあるかもしれません。簡単な予備知識を今日はお伝えします。

 

砂の粒子の大小で、違いを考えてみたいと思います。

 

まず砂の粒子が大きい場合についてですが、ボールは沈みにくいのでライは比較的良いケースが多いと思います。砂の抵抗も少ないので、距離も出しやすいバンカーです。踏んだ感じは固く感じると思います。

 

反対に砂の粒子が小さい場合についてですが、ボールが沈みやすく、ライも沈んだり、目玉になりやすくなります。砂の抵抗も大きくなるので、スイングスピードを通常より速くする必要があります。踏んだ感じは柔らかく感じると思います。

 

ご自分のホームコースや、よく行くゴルフ場があれば、そのコースにあったウェッジを用意すると良いと思います。アメリカン・タイプの白くて、フカフカのバンカーはハイバウンスのSWを使用し、黒っぽくて、砂が固いバンカーのコースであれば、バウンスはほどほどにあれば良いと思います。