ホメ殺しはつかいよう

ゴルフは、同伴競技者と会話をしながらもスコアを競い合うという、他のスポーツではあまり考えられないような、特殊なスポーツであると思います。その為会話の内容によっては、相手の心理状態さえ変えてしまう事も充分に考えられるので、注意が必要です。

 

真剣勝負の競技ゴルフなどでは、プレーに直接影響を及ぼすような会話をしないのがグッドマナーだと私は思います。どういう事かというと、皆さんもコンペなどで一緒にラウンドをしている同伴のプレーヤーが絶好調で、「このままいけば今日は優勝もありますね。。。」や「悪くても上位入賞間違いなしですよ。。」または「ベストスコア更新も夢じゃない。。」なんて相手を持ち上げる会話をした後から、同伴のプレーヤーはスコアを乱してしまい、結果優勝はおろか、入賞すら逃してしまったなんて経験をされた方もいるのではと思います。

 

皆さんは純粋に、同伴のプレーヤーを応援している事を示したかったのでしょうが、本人はその時点まで意識していなかった、優勝やベストスコアというものを考えてしまい、気持ち良くゴルフが出来なくなってしまう事につながりかねないのです。

そんな会話をしたくらいで、ゴルフが変わってしまうメンタルならそれまでだと思われるかもしれませんが、心臓に毛が生えていると言われる様な、強靭なメンタルを持つゴルファーはごく少数だと私は思います。

 

こういったケースの場合は、むやみに相手に話しかけないのも良いでしょうし、話すにしてもゴルフ以外の話しをしたり、ゴルフの話しをするにしても、当人の置かれている状況を、連想させない内容の話しにしたりするのが紳士的な振る舞いであると思います。

そして、めでたく優勝や入賞を果たした後に、「先程のラウンドでは調子が良さそうでしたので、余計な会話は謹んでおりました」 と告白すれば、何と気配りの出来る人だろうと、その方からの信頼もさらに深まるかもしれません。。。

 

逆にアイツだけには勝たせまいと考えるなら、徹底的に「ホメ殺し」をする事です。。飛ばし屋が相手だったら、「こんな凄い球は今まで見たことがないです」なんて言えば、相手も力んでしまって、とんでもないミスショットを誘えるかもしれません。。 パターの名手であれば「3ホール続けて1パットですか。。」や「絶妙な距離感をお持ちですね。どうやって距離を合わされているのですか?」など相手に考えさせる事が秘訣です。すると今までの様にパターが入らなくなる事が期待できます。

 

このようにゴルフは、同伴プレーヤーの影響も大きく、良い心理状態を保つのも簡単な事ではないかもしれません。その為には、相手を意識せずに自分のゴルフに徹するしかないのです。
ゴルフを自分とコースとの戦いであると考えられれば、見栄を張ったり、外野からの応援や野次にも過剰に反応する事もなく、自分の等身大のゴルフが貫けるかもしれません。。