池越え・谷超えの克服

今日は、池越えや谷超えのショットについて考えてみたいと思います。上級者とアベレージ

ゴルファーを比較した場合、この手のホールを無難に乗り切るか、高確率で大叩きしてしまう

かという違いが、顕著になるホールであるように感じます。アドバイスをする側もこの状況は

難しく、人によっては「池がないと思って打て」「池を視界から消し去ってしまえ」なんて事を

言われてしまうでしょう。。。 ですがそんな事が出来れば、誰も苦労はしないと思います。

池超えや谷超えなどの状況では、ボールの着地地点を明確にして、それに対して正確な

アドレスを取る事が大切です。例えば池を超えるまでの距離が100ヤードあると仮定します。

余裕を持って130ヤード飛ぶクラブを選択しました。それなのに池を超えない場合があるのは

何故でしょうか?これは私の感じることですが、130ヤード飛ぶクラブを持っているのに、視線

は、池を超えたすぐの所を見ている方が多いように思う事があります。そうなると何が変わる

のでしょうか?背骨が130ヤード飛ばす構えより左に傾きます。いつもよりクラブを上から下に

振る事になります。結果として当たりはそこそこなのに、球が低くて池を超えない。。という事

がまず考えられます。またその構えからボールを上げようとすると、軸が大きく右に傾き、

すくい打ちになって、ダフりやトップが出て、結果これも池を超えないという事が考えられます。

このように、池超えや谷超えの状況の場合、クラブヘッドが地面に平行に動く事が一番の

肝になると思います。過度に上から叩きつけたり、下からすくい上げるようにせず、目線と

姿勢に注意しましょう。