クラブセッティングの流れ

ゴルフは最大で14本のクラブを使用しますが、パターを除く13本はフルショットで距離を

打ち分ける役割があります。クラブの振り心地に違和感を感じずに、統一性をもたせる為

には、一番長いクラブは軽く、一番短いクラブは重くなるのが理想といえると思います。

例えてみると、物干し竿は長くて重いので振るのは大変だから軽くする、布団たたきは短くて

軽いので、重くするとちょうど良いといったところでしょうか。。。

重量調整の基本は、ドライバーの総重量が一番軽く、SWの総重量が一番重くなるように

して、その間のクラブは、階段状に重量が変化するように鉛などを貼って調整するとよい

と思います。ご自宅に計りがあれば、すべてのクラブの総重量をはかって、メモを取って

保管しておくと、今後のクラブの買い替えなどにも役にたつと思います。

通常アイアンセットは、同じメーカーの同一モデルのヘッドに、同一のシャフトで組みますので

重量管理は整っていると思います。単品のドライバーやフェアウェーウッド、ユーティリティクラブ

やウェッジをご購入の際には、総重量を調べてから選ぶようにする事をお薦めします。