使い古しのグローブ

皆さんはグローブが、少し古くなったら捨ててしまってはいないでしょうか?グローブは大きく分

けて、天然皮革と合成皮革の2つに分けられます。まず天然皮革ですが、特徴として薄く、柔ら

かく、伸縮性が高いので、非常に手になじみやすいのが特徴ですが、少しお値段が高めです。

そして水分を大量に含むと固くなってしまう性質があります。

次に合成皮革ですが、特徴として水に濡れても性能が落ちないので、洗濯が出来る事と、

お値段が天然に比べるとお安く済みます。そして天然に比べるとカビが発生しずらいです。

雨の日のゴルフでは、スコアメイクの為に、グリップやグローブを濡らさないようにする事が、

とても大切です。天然皮革のグローブは水に濡れると、ヌメリがでてしまう事、乾いた時に

固くなってしまって、以後使用不能になる恐れがあるのでお薦めできません。できれば

晴天もしくは曇りの日に使用して下さい。

合成皮革のグローブは、雨の日に使用しても、以後も使い続ける事が可能ですし、使い古し

でも良いので、枚数を多めに持っていけば、雨の日のゴルフでも、グリップの滑りを気にせず

にゴルフに集中出来ると思います。