ラインが読み切れていない時のパット

グリーン上ではパットのラインを読んでその通りに打つという作業をしますが、ラインがよくわからない時もあります。

 

そんな時に「どっちに曲がるんだろう。」と、思いながら打ってしまうと思わぬミスパットになってしまうことがあります。

 

こんなときでも「カップの真ん中に向かって距離を合わせて打とう。」というように、どの方向にどのくらいの強さで打つかを決めて打つようにしましょう。

 

ラインが分からないのは仕方ないのですが、どう打つかが決まらないままなんとなく打ってしまうとしなくてもいいミスになりやすいのです。

 

ショットでもいえることですが、ターゲットを必ず決めてからそのためにどのように打つかまで必ず決めてから打つようにしましょう。