「飛距離」か「フェアウェイキープ」か?

今年の日本オープンゴルフ選手権は予選でアダムスコット選手が予選落ちしてしまいましたが、松山選手が3日目を終えてトップに立っていて石川選手もわずかに優勝の可能性を残していて、好調の池田選手、ドライバーを抜いてフェアウェイキープに賭ける片山選手、勝負強い韓国勢とだれが勝つかわからない試合になっています。

 

特に片山選手の飛距離を捨てて正確性に賭けるスタイルと、松山、李京勲の飛ばし屋のドライバーで距離を稼ぎ短い距離のラフからグリーンを狙うスタイルのどっちが勝つかを見るのが楽しいと思います。

 

今年の試合展開はとても面白いと思います.

 

ご注目ください。