オリンピックのゴルフは強豪国の選手が少なくなる

今回の男子ゴルフオリンピックランキングです。

 

名前の右の数字が現時点の世界ランキングで、上位の選手の多くが参加辞退をしました。

 

男子はアメリカの勢力が強く、世界ランクのベスト10に4人、ベスト20に10人、ベスト30には15人、ベスト40に20人入っていて、そのうちの4人が参加するだけですので、上位選手にとってはライバルの少ない試合になるといえるでしょう。

 

 

1  USA  B.ワトソン      6
2  SWE  H.ステンソン 5
3  USA  R.ファウラー 7
4  GBR  D.ウィレット  9
5  GBR  J.ローズ    12
6  ESP  S.ガルシア   11
7  USA  P.リード   14
8  USA  Matt Kuchar  20
9  ESP  ラファ・カブレラベロー 28
10  KOR  アン・ビョンフン 33
11  THA  T.ジェイディー  39
12  NZL  D.リー 44
13  ARG  E.グリージョ  37
14  SWE  D.リングマース  51
15  DNK  S.ケルドセン 43
16  AUT  B.ウィスベルガー 58
17  GER  M.カイマー  49
18  THA  K.アフィバーンラト 59
19  IND  A.ラヒリ  68
20  DNK  T.オルセン 69
21  NLD  J.ラウテン 66
22  BEL  T.ピータース  65
23  ZAF  J.バンジル  71
24  ARG  F.ゴメス 77
25  KOR  Jeunghun Wang 74
26  AUS  Scott Hend 76
27  AUS  M.フレイザー  90
28  RSA  Brandon Stone 98
29  JPN  池田勇太 92
30  JPN  片山晋呉 120
31  FRA  Gregory Bourdy 106
32  FRA  Julien Quesne 128
33  BEL  N.コルサーツ  123
34  PRT  R.ゴウベイア  127
35  CAN  D.ハーン  136
36  CHN  呉阿順   137
37  PHL  M.タブエナ  140
38  CHN  李昊桐    150
39  GER  A.チェイカ 126
40  CAN  G.デラエ  145
41  PRY  F.サノッティ  154
42  IRL  Padraig HarringtonI  124
43  NZL  Ry.フォックス  152
44  IND  S.S.Pチョウラシア  221
45  MYS  D.チア  238
46  FIN  M.イロネン  247

47  VEN  J.ベガス   81
48  CHL  F.アギラー  258
49  TWN  潘政琮
50  BRA  A.シルバ  282
51  IRL  Seamus PowerI 294
52  NOR  Espen Kofstad 299
53  FIN  R.カッコ  309
54  ITA  Nino Bertasio
55  BGD  S.ラーマン
56  TWN  林文堂
57  MYS  ガビン・グリーン 331
58  ITA  Matteo Manassero 344
59  MEX  R.カサウボン
60  POR  Jose-Filipe Lima

 

一方女子は韓国選手が世界ランクベスト10に5人、ベスト20に10人、ベスト30に13人、ベスト50に20人で世界ランク10位以下の韓国人選手が参加できませんからこちらも上位選手にとってライバルが少ない試合になります。

 

1  NZL  L.コー  1
2  CAN  B.ヘンダーソン 3
3  KOR  朴仁妃  5
4  USA  L.トンプソン  4
5  KOR  キム・セヨン 6
6  KOR  エイミー・ヤン
7  THA  A.ジュタヌガン  2
8  KOR  チョン・インジ  8
9  USA  S.ルイス   7
10  SWE  A.ノルドクビス 12
11  CHN  フォン・シャンシャン  13
12  AUS  ミンジー・リー 14
13  USA  Gerina Piller 15
14  NOR  S.ペターセン 18
15  JPN  野村敏京  22
16  GBR  C.ハル 27
17  TWN  テレサ・ルー  28
18  TWN  キャンディ・クン  35
19  THA  P.ファトラム 36
20  ESP  C.シガンダ 39
21  AUS  Su-Hyun Oh 42
22  JPN  大山志保  49
23  ESP  A.ムニョスE 45
24  CHN  林シユ 59
25  GER  S.ガル 61
26  FRA  K.イシェール 60
27  GBR  C.マシュー  47
28  GER  C.マソン
29  DEN  Nicole Broch Larsen 74
30  SWE  P.リンドベリ
31  CAN  A.シャープ 83
32  MEX  G.ロペス 91
33  COL  M.ウリベ
34  DNK  N.K.マドセン
35  ZAF  P.レト
36  FRA  G.ノセラ
37  PRY  J.グラナダ 154
38  MYS  K.タン 165
39  NOR  M.スカルプノード 166
40  RSA  Ashleigh Simon
41  ISR  L.ベック
42  ITA  G.モリナロ
43  FIN  U.ウィクストロン
44  FIN  N.タミネン
45  CZE  K.スピルコバ
46  AUT  C.ウォルフ
47  ITA  G.セルガス
48  RUS  M.ベルチェノバ
49  IRL  L.マグワイア
50  CHE  A.バレンズエラ
51  MEX  A.ラネーザ
52  BEL  C.ラーキン
53  CHE  F.イナルボン
54  HKG Tiffany Chan
55  MAS  M.コー
56  IND  A.アショク
57  BRA  M.ナグル
58  BRA  V.ラブレディ
59  IRL  S.メドウ
60 MAR Maha Haddioui

 

オリンピックは国ごとの出場枠を設けなければならないでしょうから、どうしてもメジャーや世界ツアーのレベルからは下がってしまいますが、選手は普段の試合では感じないようなプレッシャーと戦うことになり、世界ランク下位の選手にとっては下剋上のチャンスです。

 

スター選手が少なくてもオリンピック独特の雰囲気の中のゲームはきっと盛り上がるのではないかと思います。