ランニングアプローチとダフり♪

ランニングアプローチの際はロフトの立った状態で打つために距離の割にヘッドスピードが遅いショットになるのでもしダフってしまった場合には大きくショートしてしまいます。逆にトップした場合はあまり飛びすぎることがないのでミスをするとしたらトップしたほうが結果は良くなります。

nbsp;

なので、ランニングアプローチの際はトップ気味に打つように気を配りダフリを避けるための保険をかけておくとミスの予防につながります。

nbsp;

方法はなんでもいいと思います。ソールを浮かしたりて構えたり、アドレスよりもハンドファーストに打とうとしたり、なんでも構いません。ダフった時にはミスの被害が大きくなることを理解し、それを防ぐ工夫をしてショットに望むようにすると、結果オーライになる確率が上がるのでスコアアップにつながりますよ。
div class=”entry-content”

((((((( ‥)ノ |EXIT|

/div