暑い日が続くとグリーンが遅くなるので心の準備を

暑い日が続いています。

 

台風もやってきているので南の暖かい湿った空気がやってきます。

 

すると、暑さからグリーンの芝を守るために刈高を高くしますし、時期的にも葉は湿り気がありますから必然的にグリーンの転がりは遅くなります。

 

こんな時の対処法を用意しておくとグリーンが遅いなりに上手くこなせるでしょう。

 

・遅いグリーン用のパターを用意しておく。普段使用しているパターよりも・バランスが軽いもの、長いもの、シャフトが軟らかいもの、弾きが良いもの、上手く行くと普段のフィーリングでも距離が合わせやすくなります。

 

・普段よりハンドダウンに構えてストロークする。すると自然にヘッドが走りヘッドのスピードが上がりますので、普段のタッチでもカップまで届きやすくなります。

 

気候の変化や芝生のコンディションに合わせてパッティングや他のショットも対応する技を持っておくと良いスコアが期待できます。

 

 

GSIゴルフジムでは体験レッスンの受講生を募集しています。

⇒体験レッスンはこちら