パットはカップをオーバーするのがいい?

パットは届かなければ入らないといいますが、届いたからといって入るとは限りません。

 

しかし、ショートすることが多いパットの達人はいません。

 

カップをオーバーするメリットとデメリットをご紹介します。

メリット

・返しのパットのラインが分かる

・目に見えないグリーン面の凹凸の影響を受けにくい

・結果ゆるみのない良いストロークが出来ていることになる

デメリット

・カップをオーバーすることが目的になりやすく、その場合残り距離が長くなる

 

ということで、ゆるみの無い良いストロークでカップに対して距離を合わせることが基本です。

 

ゆるみがあるとショートしやすく、それを防ぐためにパンチが入るという悪循環になりますから、良いストロークが身についていれば、オーバー目に打つとカップインの確率が少し上がり、上記のメリットの恩恵が受けられます。

 

パットはオーバーさせるよりは距離を合わせることが何より基本と考えましょう。