ゴルフのプレーにおける熱中症の応急処置、咄嗟に出来ますか?

天候の変化に伴い、ゴルフで熱中症になる可能性が高くなってきました。

 

自分では事前の水分補給、プレー中の十分な水分補給を心がけるなどの基礎知識は浸透してきていると思います。

 

同伴プレーヤ――がもし熱中症で倒れてしまったらどうでしょう?

 

咄嗟に十分な初期対応が出来るでしょうか?

クリックすると新しいウィンドウで開きますとても分かり易いイラストがありましたので拝借しました。

 

A,Eは気化熱を利用して表面体温を下げる

B,C、Dは氷嚢などで浅部の動脈を冷やして冷えた血液を循環させる

Fはスポーツドリンクや経口補水液を与える

 

何しろ冷やしてあげることが大事です。

 

と、こうならないようにプレー中に同伴プレーヤーが十分に給水、ミネラル補給しているかどうか少し気を配っておくことが出来れば熱中症の予防につながります。

 

暑い日本での夏のゴルフは熱中症を予防したうえでプレーを十分にお楽しみください。

 

 

GSIゴルフジムでは体験レッスンの受講生を募集しています。

⇒体験レッスンはこちら