ボールのフィッティングしていますか?

上級者やプロは打感の柔らかさをボールに求める人が多い傾向にあると思います。

 

この打感は音と感触が合わさっている打った時の手応えです。

 

実際には軟らかいボールなのにインパクトの時の音が高いと固く感じて低いと柔らかいと感じる傾向があると思います。

 

感触で感じる人は音に左右されにくく純粋な感触で柔らかいと判断する人もいます。

 

その両方を総合して打感を判断する人もいます。

 

ボールにはディスタンス系ボールとスピン系ボールとその中間のボールがあります。

 

これらはコアといわれるボールの中心付近、中間部、表層部の硬さを変化させることで区別されます。

 

なので、同じボールでもボールの潰れ度合いによって感じる固さが変わることがあります。

 

また、男性に比べて飛距離が出にくい女性には柔らかいディスタンス系のボールをメーカー側がレディース向けとして販売しています。

 

それが多くの女性にとって飛距離が出せると判断しているのですで、女性の方はレディースボールをチョイスされる方が多いと思います。

 

しかし、女性がスピン系のボールを打つとこちらの方が飛距離が出る場合もあります。

 

メーカーの意図しない偶然の効果の恩恵を受けられることもあるんです。

 

ということで、何が言いたいかというと、色々なボールを使ってみてその違いを感じる努力をしてみて欲しいということと、そうすると、自分にとって良く飛んでくれるボールやコントロールがしやすいボールに出会えるチャンスが拡がります。

 

違いなんかよく分からない人も多いとは思いますが、色々なボールを打って行くうちにボールによるショットの違いが分かるようになり、ゴルフをプレーするのに優位な状態になることができます。

 

是非、色々なボールを使ってラウンドしてみて欲しいのですが、基準となる自分がメインとして使うボールは1つ決めておきましょう。

 

そのボールと比較して、ナイスショットしたときの弾道や結果的な飛距離がどう違うか?あまり変わらないのか?データを頭の中に蓄積してみてください。

 

自分の弾道をよく観察することで、ゴルフにも好影響が出ることもあります。

 

自分にとっての最適なボールを見つけてられればよりゴルフを楽しむことが出来ると思います。