「バックスピン」をかける、「スピンバック」するって?

「バックスピン」をかけるとか、「スピンバック」して戻った。

 

と、よく耳にすると思いますが、トーナメント中継でよく見かけるグリーンに落ちたボールが手前に転がって戻ってくるシーンがありますが、このボールが手前に向かって転がり戻ってくるシーンはボールが「スピンバック」して戻ってきた。

 

といいます。

 

これがそうです

 

↓    ↓    ↓

https://youtu.be/t72bSg3-UmM

you tubeより転載

 

一方、「バックスピンをかける」とは、インパクトでフェースに当たりさえすればクラブにはロフトがあるので、ボールが落ちたら手前に戻る方向に回転します。

 

この回転量が多ければ空中ではボールが浮き上がろうとして、少なければボールがお辞儀するように速めに地面に向かって落ち始めます。

 

この回転量を多くする行為の事を一般的には「バックスピンをかける」といいます。

 

これがバックスピンがかかっている様子の映像です。

↓   ↓   ↓   ↓

 

you tubeより転載

 

この映像は少しだ振った拍子にフェースが少し閉じてフック回転になっていますが、このようにロフトがあるクラブのフェースでボールを打ったら必ずバックスピンがかかります。

 

似たような言葉ですが、「バックスピン」とスピンバックの区別が出来ていると玄人っぽい感じになります。