パターが入る薬

ゴルフが上手くなる薬やパターが入る薬、ゴルフが上手い人の腕、などがあったらいいな。って考えた事があるゴルフは多いのではないでしょうか?

 

実際にはそんなものはないのですが、故障を緩和するための医薬品や医療用サポーター等は故障を抱えている人にとってはゴルフを楽しむために欠かせないものでしょう。

 

また、アミノ酸や各種ビタミンサプリメント、栄養剤などを摂取してプレーの向上を図ろうとする人も多いでしょう。これは上手に摂取すれば健康にもいいのでいいと思います。

 

夏はミネラル不足、冬は冷えなどで筋肉がつってしまう人はこれに効く漢方薬もあるそうで年配のゴルファーのコミュニティではみんながこの薬を飲んでいるなんて話も聞いた事があります。

 

個人的には苦手なパターをリラックスして打てるように精神安定剤のようなものを服用した事がありましたが、かえって緊張感が無い状態になって逆効果でした。もしこれが上手く行ってっればパターが入る薬になったんでしょうが・・・・・。

 

持病がある人は持病の薬を飲むのでしょう。

 

あとは、上手なドーピング?

 

長期休暇の間だけゴルフ漬けの生活を送り、ステロイドを利用して強制的に猛練習が出来る状態を作り短期集中ドーピングで副作用が出る前に服用を中止する。なんてゴルフ狂医師がいたとか・・・・・。良い子の皆さんは真似をしないでください。

 

楽して金を儲けたい、簡単にゴルフが上手くなりたい、と考えてしまうのは人の性ですが、やはり地道な研究や練習が一番の特効薬なのだと思います。