インテンショナルスライスとフックの打ち方注意点

クラブの構造上フェースを開いて構えてスイングするとフェースが返りやすく、閉じて構えてスイングすると開きやすくなります。

 

このために、オーソドックスな左を向いてフェースを開いてインテンショナルスライスを打とうとするとフェースが返ってしまい左に真っ直ぐ飛んでしまったり、フックなら右に真っ直ぐ飛んで行ってしまうというようなことが起こりやすくなります。

 

なのでスライスを打つ時はフォローでフェースを開くように、フックを打つ時は閉じるように振った方が成功の確率が高くなります。

 

確実に大きく曲げたい時のショットは以上のことを理解して対処してみて下さい。

 

 

GSIゴルフジムでは体験レッスンを随時募集しています。

⇒体験レッスンはこちら