ティーショットでの注意点

ティショットを打つティインググラウンドの上は、実は思っているよりも平らではありません。実際に水平器などで測ってみるとよくわかると思います。

 

これは水はけをよくするために傾斜を多少つけているような場合と隣接するホールへの打ち込みを避けるために傾斜をつけるというように理由はいくつか考えられます。

 

例として前上がりのティインググラウンドでは左へのミスが出やすく、前下がりでは右へのミスが出やすくなると考えられます。

 

そこにボールの落下地点の危険なエリアなどを踏まえて、保険をかけた狙い方などを駆使することで安全なエリアにティショットを落とす確率を上げることができると考えられます。

 

ティインググラウンドでは、ティインググラウンドの向きや、ティーマークの向き、傾斜など様々な情報を入れてからショットに臨むことで、OBや林、池などのミスショットを減らしていきましょう。

スマホを利用してゴルフが上達できるか?

スマホの機能を利用してゴルフが上達できるでしょうか?

 

使えそうなのは、天気の情報を得る。このことで、気象用衛星等の完備やこれまでの蓄積された情報等により、昔と比べると高精度の天気予報の情報をスマホを使って取得することで、プレーに役立てる事が出来ます。

 

さらに、スイングテンポ改善の為にメトロノーム機能を持ったアプリを使ったり、外部計測器とスマホを連動させた計測器や練習機も利用できます。

 

また、事前練習では、レッスンアプリや書籍、ムービー機能、分析アプリを使ってのスイングの撮影から再生、分析、スイングについての情報収集も出来ます。

 

ネットを利用して、コースの情報が取得と予約ができますから、このデータを元に十分なコース選定とプレーに対する備えができたり、ルールの勉強も出来るでしょう。

 

さらに、ラウンドがコンペや試合の為の練習ラウンドなら、コンパス機能を使っての方角の把握、傾斜計を使ってのグリーンやティインググラウンドの傾斜の測定、GPS計測アプリを使っての測量が出来ます。

 

これらを上手く使いこなせれば、上達にもつながって行く事でしょう。

 

また、昔はこれだけの事をする為には大きな20万円のムービーカメラ、10万円のビデオデッキ、画面描画装置、コースの距離の測定は車輪を転がして距離を測るアナログメジャーや、歩測、傾斜計も高価でしたし、手間とお金が必要でしたが今は無料もしくは格安で同じことが出来るようになりました。

 

これらを上手く利用できればお金をかけずに、早く上達する助けになるでしょう。

 

インターネットレッスンはまだまだ未発達ですので、レッスンは実際にスクールなどに通う方が効果は高いのが現状ですので、是非当ジムにも足をお運びください。

http://www.gsi-golfgym.co.jp/

 

しかし、今も昔も十分な練習や経験を積むことは必要不可欠ですので、なかなか楽に上手くなるというのは難しいところがあります。

 

 

 

 

高速道路

ドライバーのミスショットが高速道路に乗ると・・

 

こんなことが起きる事もあるのですね。

 

 

一度でいいから私も経験してみたいですが、ホールインワンより難しそうな気もします・・

 

 

 

you tube より

 

アッパー軌道のボール位置

女子プロに代表されるようにヘッドスピードが男性よりも遅いのに球が実によく飛ぶ方がいます。

 

言い換えればインパクト効率が良いという事ですが、女子プロのドライバーショットの軌道は大多数がアッパー軌道です。それに対して一般男性のドライバーショットの大多数はダウンブロー軌道です。

 

アッパー軌道を身につける練習として、まずはボールを極端に左に置いてみてください。恐らく大多数はトップボールかボールの上を空振りすると思われます。

 

段々とボールを中に入れてみてください。ある場所でトップではなくてクラブフェイスで捉えられる位置が見つかると思います。そこがアッパー軌道で打てるボール位置という事になります。

 

ドライバーの素振りで芝にクラブヘッドを叩きつけるように振る方をたまにお見かけしますが、ヘッドが上昇しながらボールを捉えるためには下には触らないように素振りをする方が良いのではないかと個人的には思います。

ティアップの高さ

ドライバーのティアップの高さを決めるには上下方向の軌道とフェースの厚さ、ソールの長さ(フェースからバックフェース)が主な要素です。

 

ティアップの高さはドライバーをソールした時にボールが半分上に出る高さが基本だといわれています。フェースが厚いほど高く薄いほど低くする事になります。

 

また、アッパーブローの度合いが大きいほど高く、ダウンブローの度合いが大きいほど低いティアップが適します。

 

それと、ヘッドの重心位置が浅いものほど低く、深いものほど高くすべきではあるのですが、重心の深さが自分に適しているものを使っているとしたら、フェースの厚みにティアップの高さを合わせておくだけでいいはずです。

 

簡単にいうと、ボールがヘッドから半分上に出る高さを基準にしてアッパーブローなら高く、ダウンブローなら低くティアップを設定しましょう。

 

軌道が自分でわからなければ、テンプラが多い人は低く、チョロが多い人は高く、ボールの打ち出し方向が左なら低く、右なら高くすればいいと考えておけばいいでしょう。

 

最近のドライバーはヘッドサイズや形状が多彩なので、ドライバーを新調したら必ずティアップの適正高さを確認して下さい。

 

 

まさか・・もある

皆さんはホール・イン・ワンを経験した事はあるでしょうか?

 

 

 

無いとお答えになった方で、私の実力ではホール・イン・ワンなんてとても出ないと思っている方もいるかもしれません。

 

 

 

しかしながらホール・イン・ワンと実力は比例しないのではないかと私は思っています。

 

 

 

実際にプロゴルファーでホール・イン・ワンを一度も出した事のない人もいます。

 

 

お世辞にもゴルフが上手いとは言えない、ハンディキャップ36の方でホール・イン・ワンを3回も出した人もいます。

 

 

下に貼りつけた動画をご覧ください。もしかしたら勇気が湧いてくるかもしれません。

 

 

 

 

ちなみにこのレフティのプレーヤーは、オーストラリア人のリチャード・グリーンさん。スイングを見ていただければお分かりかもしれませんが、プロゴルファーです。確かにラッキーはあるかもしれませんが、ひどいミスショットではないと私は思います。

 

 

 

 

 

 

ドライバーの打点で変わる理想の軌道

ドライバーの打点は、クラブフェイスのどこに当たると良いですか?と質問を受ける場合があります。

雑誌などを見ると、ドライバーの理想の打点はフェイスの真ん中より上などと書かれていますがそのような単純な答えにはならないのではないかと思います。

ドライバーは重心深度が最も深いクラブになりますが、重心深度の深いクラブではクラブヘッドの軌道によりクラブフェイス上のスイートエリアは変化します。

ドライバーのヘッド軌道がアッパーブローになるとスイートエリアはクラブフェイスの上方に移動します。

反対にドライバーのヘッド軌道がダウンブローになるとスイートエリアはクラブフェイスの下方に移動します。

上記の現象を踏まえた上で考えた場合に、ドライバーの打点がクラブフェイスの上側の方はアッパーブローに振れるのがベストマッチの組み合わせになります。

反対にドライバーの打点がクラブフェイスの下側の方はダウンブローに振れるのがベストマッチの組み合わせになります。

以上ドライバーの打点とクラブヘッド軌道についてでした。

初心者のティショット

ある程度ゴルフに馴れ、ひどいミスショットが出なくなった人はパー4パー5のティショットはドライバーを持つ事を基本としていいと思います。

 

そうなれるまでは、得意なクラブを1本見つけて、そのクラブをティショットで多用して行っていいと思います。

 

上手くなった後でも、飛ばしても意味のないホールや、距離を落とさなければいけないホールなどで、ドライバー以外のクラブをチョイスする事もありますので、ティショットで自信を持って振れるクラブがある事はとてもプラスになるでしょう。

 

中級者以上の方は逆に、毎ホールドライバー以外のクラブを使うことを考慮するようにしてみることがコースの戦略の勉強になります。パー4かパー5のホールに行くと何も考えずにドライバーを抜く人は一度考えてみて欲しいと思います。

 

 

刻むティショット

パー3以外のホールのティショットではドライバーを使用することが多いと思います。

ただ、ドライバーでは上手く攻略できないホールや状況もあります。

これは、腕前や目標スコアによっても変わります。

 

 

では、どんな場合にティショットを刻んだりするのでしょうか?

 

 

・ドライバーのランディングエリアが狭く、その手前が広い。

・ドライバーだと途中の池やOBまで届いてしまい、手前が安全。

・ドッグレッグのホールで正面に打つと突き抜けてしまう。

・手前に刻んだ方が次打が易しい状況から打てる。

・ラフが深い。

・構えた時にミスをしてしまいそうなインスピレーションを感じた。

・何か怖い。

 

もっといろいろな場面はあるでしょうが、落とし場所付近の状況や木の配置などホールの設計

とプレーヤー自身の心理面にとって適切なクラブを選択した結果ドライバー以外のクラブが適

切だと判断した時に刻むという選択をするわけです。

 

全ホールドライバーで打つと決めている場合と、毎ホール状況を分析して結果的に全ホールド

ライバーを選択したという場合、必ずその内容には差が出ます。後者の方がアベレージスコア

が良くなるはずです。

 

もしクラブ選択に迷い決断しきれずに打ってしまったりするとミスショットにつながりますので、

クラブを決めたら後は思い切って打つ事を心掛けて下さい。

 

 

 

 

 

 

 

ティショットで方向を出す

一般的には多少飛距離を犠牲にしてもフェアウェイをキープする事が最優先する事が基本だと思います。

 

ただし、あまりにも方向性を重要視しすぎた場合、いわゆる置きに行くという、インパクトで体の動きを止め、手でフェースを合わせに行くことで飛距離が落ちて方向も出ないミスになりやすくなります。これは、心理的には少し弱気な状態の時に起こりやすくなります。

 

これを防ぐためのキーワードは「大胆細心」、つまり、方向性に対しては細心の注意を払い、スイングは大胆にダイナミックに振る事が結果的に良い結果につながりやすくなります。

 

一方で大事な局面程100%フェアウェイキープを欲しがりますが、ゴルフのほとんどのショットに100%はありません。なので、自分に対して無理を注文してしまう事で緊張してしまうために結果的にミスにつながってしまう事もあります。

 

ではどのようにすることがいいのでしょうか?

 

キッチリとターゲットを定め、そのターゲットと自分のスイングのチェックポイントなど自分がする事に100%意識を集中する事こそがどんな局面においても必要なのです。

 

これを同伴競技者ではなく、コースの設計家が邪魔をしてきます。このことでターゲットや自分がすることではなく、池やバンカーに放り込んでしまう悪い結果に意識を持って行かれてしまうわけです。

 

どんな場合でも多少のミスの許容範囲があるので行ってはいけないところではなく行くべきところだけに集中することが出来るようになればミスショットが激減するでしょう。