梅雨時期のパッティング

梅雨に入るとグリーンは1年で一番遅い時期になります。

 

早いグリーンが得意な人にとっては難しい時期といえるかもしれません。

 

自分の感覚だとどうしてもパッティングがショートしてしまうグリーンでの対処法を幾つかご紹介します。

 

① 無理に届かせようとせず、ショートさせて2パットで良しと考える

② 単純に強めに打つ

③ いつもの感覚で打って届くようなパターを使用する

④ ハンドダウンに構え打つ

⑤ 下りのパットを残すように戦略を立てる

⑥ 重い練習グリーンで練習して慣れる

 

簡単な方法としてはこんな感じでしょうか?

 

③はヘッドを軽くしてヘッドスピードを出しやすくする。重くして反発力を上げる。0.5~1インチほど長いものにする。ロフトの寝たものにする。などして思ったより転がってしまう道具に変える方法です。

 

④はハンドダウンに構えて普段通りに打てば普段よりもヘッドスピードがあがります。

 

重い方が合う人にとっては気持ちよくパッティングが出来る時期ですがそうでない方は無策で臨むよりもいい結果が出せるはずです。

 

雨が続くと芝生が湿って遅くなり、芝生の病気の予防のために芝生の刈高を高くしたりすることが相まって遅いグリーンでのプレー機会が増えると思いますので自分なりの遅いグリーン対策を準備しておいてはいかがでしょうか?

 

 

 

GSIゴルフジムでは体験レッスン受講される方を募集しています。

⇒体験レッスンはこちら

パーオン率とパット数

パーオン率が低いショートゲーム巧者が最もパット数が少なくなりやすいのですが、その理由は2つあります。

 

ファーストパットの残り距離がとても短いこと、アプローチの止まり際のボールの転がりが見られるのでラインがはっきりと分かった上でファーストパットを打てることの2つがその理由です。

 

プロゴルファーもパットが上手かった人が、ショットの飛距離やパーオン率が上がるとファーストパットの総距離が長くなるのでパット数が増えます。

 

すると、先ほどの逆で、ラインがはっきりしない長い距離のファーストパットを打つ機会が増えてファーストパットを外してしまう経験を多く積むことになりますから、パットが難しいと感じることになってしまいます。

 

今、米ツアーで戦っている松山選手やジョーダン・スピースがこのケースで苦しんでいます。

 

アダム・スコットやベルンハルト・ランガ―、日本だと湯原信光選手、尾崎直道選手、藤本佳則選手、上田桃子選手などがこのグループに入ると思います。

 

プロのトップに立つ選手は、グリーンの端に立っているピンをデッドに狙い、そのためにわずかにグリーンからこぼれたボールをアプローチで寄せて1パットで上がることも多くなって、ショットが上手いわりにパーオン率が低い傾向になっている人が多いと思います。

 

なので、パットが上達し続けて行かないと、パットで悩み続けて苦手意識となって行ってしまうことになりやすいのです。

 

ということで、パット練習を地道に続けて行くことはとても大事ですので、シングル入りを目指し、あるいはシングルになった人は特にパットの練習に比重をおいて欲しいと思います。

壁に向かってパット

野球やテニスなどで壁に向かって投げる、打つ練習はよく聞きますが、ゴルフではなかなか難しいのですがパターの短い距離ならできるのではないか?と思いやってみました。

 

パターマットでカップインを狙うのとはまた違った練習法です。

 

壁に当たるボールのスピードが速すぎたり反対に遅すぎたりするとタイミングが合わずに難しいと思います。

 

自宅でも出来ますし、集中力が必要で、繰り返し行うと体も結構つらいです

 

 

 

 

 

 

 

パターでラインが読めない時の対処法

ショートパットの時にラインがはっきりとわからないまま打たなければならない時もあると思います。

 

「パット ライン」の画像検索結果

 

そんな時はラインは間違っていてもいいので、はっきりとカップに右縁といったように狙う方向とボールを打つ強さを決めてしまってから打つようにしましょう。

 

特にスライスにも見えるしフックにも見える時にはどちらに曲がるかわからないまま恐るおそる打つよりはどちらに曲がるかわからないくらいなら大した傾斜ではないので強めにカップの真ん中めがけて打ってやれば大抵は入ってくれます。

 

一番いけないのは、決断が出来ないまま打ってしまうことで、そうなると半信半疑のままスイングすることになりスムースにスイングを行えなくなってしまいます。

 

その結果、大きなミスショットになってしまったり、その1打だけでなく後悔が残ればその後のぷれーにも響いてしまいます。

 

自分のジャッジに自信が持てないとしても決めたとおりに打つことに集中していれば、入らなくても怪我が最小限で済みますし、良いストロークさえできていればどっちみちラインがはっきりしなかったのだからカップインしなくても納得がいくので後に引きずる事もないはずです。

 

ということで、自分のジャッジに自信が持てないケースは、目標方向と打つ強さを決めてその判断を信じてプレーして下さい。

 

 

 

 

会社のデスクでもゴルフ気分が味わえます。

デスクワークに疲れた時など一息入れたい時にいかがでしょうか?

 

椅子に座ったままでミニパターゲームができる商品です。

 

シュールな感じが個人的には好きです。

 

golfsets_004

商品の説明などはこちらからどうぞ

↓↓↓↓↓↓↓↓↓

http://item.rakuten.co.jp/smile-int/4571378564310/

 

3パットの防止のための予備知識

スコアをまとめるためには、グリーン上の3パットをなるべく出さない事が大切な要素となります。

 

3パットを防ぐために1番大切な事は距離感ですが、ホールごとに異なるグリーンで距離感を合わせ続ける事はかなり難しいと言えると思います。

 

クラブハウスやキャディマスター室の前などに、本日のグリーンスピードは9フィートですなど親切に表示をしてくれているゴルフ場さんも多いですが、全てのグリーンで均一のスピードを出す事はほとんど不可能と考えても良いでしょう。

 

「今日はグリーン上のタッチが良いな」と思っていたところ、タッチが合わなくなったホールがあったらそのグリーンはグリーンスピードが他のホールとかなり違っていた可能性が高いと考えられます。

 

プロや上級者の方はグリーンを踏んだ感触だったり、芝の長さの違いだったり、芝生の色の違いだったりそのあたりの微妙な違いを本能的に感じている方が多いのではないかと思います。

 

これらの状況判断には経験値も必要であると思います。

 

ラウンド中に距離感が合わなかったホールがあったら、ストロークのミスなのか、グリーンスピードの判断ミスなのかしっかりと検証して次回のラウンドに活かして頂ければ3パットの回数を徐々に減らせるようになるはずです。

パットを少しでも易しくするために

ゴルフは失敗経験の記憶が少しでも少なくなるようにすることが上達のための一つの方法です。

 

しかし、ゴルフのラウンド数を多く経験するほどショートパットを外してしまう経験が積み上がって行きます(ショートパットに限りませんが)。

 

かといって、ラウンド数が少ないと必要な経験が足りないということにもなります。

 

だから、ラウンドを多く経験し、良いプレーを出来るように努力をするという当たり前の結論が導き出されるのですが、ことパッティングの場合は自分が良いプレーをしてもグリーン面の凹凸や肉眼では確認できない細かい傾斜などの影響で外れてしまうことも多くあります。

 

それでも、ゴルフの歴史数百年の中では多くのゴルファーが多くの知恵を絞ってパッティングを研究してきました。

 

その中には笑ってしまうようなバカバカしいものから、素晴らしいものが無数にあります。

 

以前にも紹介しましたが、マーカーを利用するという発想のマーカーで今は発売されているようです。

 

8113-8116_28113-8116_3

 

これも歴史の闇に埋もれていくのか?それとも?

時にはふざけてみることも必要かもしれません

ゴルフに真剣に取り組む人ほどショートパットを難しいと感じるものなのかなと思います。

 

そんな方はショートパットなんて適当に打った方が入るものです。

 

ASHIyjimageWNVUWO3Hyjimage48AWAVHQ

 

例えば、えー!?こんなので入るのかよってこんなパターに変えてみるのも1つの手です。

 

ちょっとした遊び心が良いプレーを引き出してくれることもあります。

 

ショートパットのミスはメンタルと深くかかわりますから、どうせこんなパターじゃ入らないと思って打つとスムースなストロークが出来ることもあります。