ドライバーショットがドロップボールになってお困りの方が増えています

近年のドライバーの大型化と反発規制によって、ドライバーの飛距離アップはスピン量を少なく、打ち出し角を高くするモデルと、スライスしにくいモデルの両極化となっています。

 

この流れはヘッドスピードが遅い人と曲がりが大きいフックボールを持ち球としている人に逆風となる傾向にあります。

 

チーピンといわれるフェースが極端に左を向く事によってインパクトでフェースがほとんど上を向かずに落ちるように左に曲がっていく球はスイングの問題だとして、クラブのせいでスピン量が少なくなりすぎて球がドロップして距離が出せない人が増えています。

 

現在はどちらかというと球が高く上がりすぎて飛距離が出ないことを困っていた人にとってはうれしい時代になっています。

 

低めの球を上手くコントロールしていた人はクラブの進化の恩恵をあまり受けられません。

 

でも、球が上がらなくて困っている人は球が高く上がりやすいモデルを選んだり、ロフトの大きいものを選択すれば飛距離が出る球質になりますから、球がドロップして上がらないとお困りの方はクラブ選びを考えてみるといいと思います。

 

 

 

 

チーピンの打ち方

チーピンはフェースがスイング軌道より極端にかぶってインパクトした場合にロフトが少なすぎて低くて急激にフックする弾道になります。

わざとチーピンを打とうとした場合はインパクト前にシャフト軸を半時計回りに大きく素早く回転させると打つことが出来ます。

もし、正常なアドレスからシャフト軸を回転させずにチーピンを打とうとした場合はとても打つことが難しくなります。

ちなみにフェースを変えずに打つと言われる打ち方はこのシャフト軸の回転を抑える打ち方と言い換えてもいいかもしれません。チーピンの克服には必須のポイントだと思います。

チーピンとグリップエンド

インパクト時のグリップエンドの位置が高いほどフェースの向きが極端に左右に向くようになるため、チーピンが出る可能性も高まります。

ショットの方向性に問題がある方は往々にしてグリップエンドの位置が高い傾向にあります。

動画などでアドレスとインパクトのグリップエンドの位置関係が自分はどうなっているかチェックしてみて下さい。

チーピン対策 右脇編

インパクト直前から直後にかけて右脇の後ろ側がゆるんで体から離れるとフェースが急激に返りチーピンになりやすくなります。

 

これを矯正するためにはハンカチやヘッドカバー、グローブなどを右脇の後ろ側にはさみ、落とさないようにハーフショットをする練習が効果的です。

 

右脇の内側のみがしまっているとチーピンになりやすいので背中側をしめてフォロースルーに向かうようにするとチーピンをなくすことができるでしょう。

プロでもチーピン?

先日の女子のトーナメントで上田桃子選手が三年ぶりの優勝を果たしました。ここ数年の上田選手はおそらくかなり悩んだいただろうと思います。渡米前に勝ちまくっていたころの一勝と比較するとかなり上田選手にとって大きな一勝だったでしょう。

 

そんな上田選手のスイングは調子が悪くなるとチーピンが出やすいスイングなのですが、最終日のテレビ中継を見る限りラフからはフェード気味に打ち、ラフからも上手くコントロール出来ているように感じました。もしラフからチーピン気味に打ってしまうと脱出もままならなかったでしょうし勝てない間は実際にチーピンも出てしまっていたかもしれませんがこの日の上田選手は危なげなく上手くラフからのショットをこなしていました。

 

フェードが打てればチーピンを直すことにもつながりますのでチーピンでお困りの方は上田選手のスイングやコースマネジメントをよく観察してみると大きなヒントが見つかるかもしれません。

鉛でチーピン対策

どうしてもチーピンばかり出てしまう時に、鉛や重量調節機能を利用して応急処置が出来ます。

 

チーピンはインパクト時にフェースが大きく左へ向いてしまう現象なので、フェースが左に向いて当たりにくい状態にしてあげればいいことになります。そのためにはヘッドのトー寄りを重くしてあげればOKです。

 

テーラーメードのSLDRなら一番トー寄りに重りを移動させます。これは簡単です。

 

ねじ式の重りを交換できるタイプのものであれば、トー寄りを重く、ヒール寄りを軽くしてあげればOK。これも簡単ですね。

 

調節機能がない場合は、トー寄りに鉛を貼ればOKです。重いものを貼るほど効果は大きくなるわけですが重くて振れなくなってしまいます。これは短く持って打つ事で振りやすくなりますので心配はいりません。5グラム以上は貼った方がいいでしょう。持つ長さは事前にボールを打って適正な長さを把握しておきましょう。

 

これはあくまでも応急処置ですので、出来るだけ早く技術的な問題を解決してください。

 

鵜呑みにしない

先日、なかなか綺麗なスイングをする20代前半の男性にレッスンする機会がありました。彼はスイングスピードも速く、全般的に飛距離は出せるものの、アイアンの球筋が低めの強いフックとなりがちで、自分ではどうしようもないとの事。

アイアンで何球か打ってもらった所、普通に振ると本人が言う通りの球筋になるので、スイングのインパクトからフニッシュにかけてそれを防ぐために頑張って対策するも、なかなか易しい取り組みではないので結果精度が低い状態でした。

そこで次に球筋を気にせずアイアンショットをしてもらった所、低めの強いフックボールであるものの、スイングはとてもフニッシュまで流れがよく、本人もこの振り方が楽だとか。

ならこのスイングをもとに仕上げるとしたら、右手のグリップがかなりのウイーク(手の平が空を向く)になっている事が関係ありそうだな~と思い、彼に自分の右手グリップについてどう思っているかを尋ねてみました。

すると、ゴルフの上手い人からも右手グリップはもっとかぶせた方が良いと指摘される事があったが、どうもしっくりこないのでこの握りになってしまうとか。

だとすれば、なぜ右グリップを変えてみる価値があるかを、道具の動かし方と合わせて握り方のコツを1つ1つ丁寧に教えた所、すぐに変えて打つ事が出来ました。本人の感想を聞くと、今までの右手の感触とは大きく違い違和感あるものの、いつものスイングで球がしっかり上がり、狙った方向に打てて嬉しいとか(^_^)v

こういう感想はレッスン冥利に尽きるのですが、私が思う彼の素晴らしい点は、人から指摘されても自分の中でしっくりこない部分を鵜呑みにしない頭の良さです。その頭があったから、その部分以外はとても素晴らしい状態が保てたのでは?という気がします。

何かを習得する際は、自分の頭もしっかり働かせて本質をつかんで行って下さいね。(^_^)/~

チーピンを防ぐクラブ

この前もお話ししましたが、アマチュアゴルファーの中にはフックでお困りの方よりもスライスして困っている方の方が圧倒的に多く、打点もスイートスポットを外してしまうことが多いので、これを助けるためのクラブを作るとクラブの売れ行きも良くなります。したがって上記のスライスとスイートスポットを外した時のミスを軽減するためにヘッドの重心深度を深くしたモデルを売り出します。こうしたクラブをチーピンにお困りの方が使用するとどうしてもチーピンすることが多くなってしまいます。

 

チーピンにお困りの時にドライバーを選ぶとしたら、重心距離が長く、重心深度が浅く、フックフェースになっていないものを選んでください。もし、それがわからない場合はゴルフショップに行って店員さんに聞いてみて下さい。

 

ちなみにおすすめはテーラーメードのSLDRこれをソールに配置された移動式の重りをトー側一杯まで動かして固定し使用してください。これで改善されないようであればスイングの問題が大き過ぎると言っていいと思います。その場合はフェースが大きく左を向いてインパクトされているわけですからその原因を突き止めて改善してください。もし改善されれば、ソールの重りは標準位置に戻すといいでしょう。

 

 

明治の大砲

右が軸足になる方に多いのがいわゆる明治の大砲といわれる右脚に体が乗りっぱなしでフィニッシュをむかえてしまうスイングです。この場合スライスを持ち球にしてゴルフをして行くのが自然なのですが、アドレス時の体の位置よりも右にいる状態でクラブが返ってしまうとチーピンになってしまいます。

 

この場合、ダウンスイング以降の体の回転をフォローまで続けるか、脚がアドレスの位置に戻るようにフットワークを使うなどしてハンドファーストにインパクトをむかえるようにしましょう。インパクトで体がアドレス時よりも右に残ってしまう人はハンドファーストのインパクトになるよう注意することが必須です。

チーピンの矯正方法

知恵袋から質問を拝借してきました。

 

Question

 

最近ゴルフチーピンが直りません。アイアンは、9番・PW・AWはでないのですが、6番ぐらいからひどいです。高さはでてちょっと右に飛んで、左に飛んでいきます。ドライバーが特にひどくて高さもなく、極端に左にしかいきません。何か原因と矯正方法を教えてください。

 

Answer

 

ゴルフのクラブの特性としてシャフト軸を時計回りに回すとフェースは右へ向きながら上に向き(ロフトが増える)ます。反時計回りに回すとその逆でロフトが少なくなります。ドライバーでインパクト時に極端にフェースが閉じるとフェースは下手をすると下向きになってしまうこともあります。この時にバックスピン量を計測すると毎分1000回転を切ってしまいます。これは理想とされるスピン量の3分の1くらいになってしまうので揚力がとても少なくなり打球は急激に下に落ちるように見えます。同時にフェースは左を向いているので球が浮き上がらずにフックすることになります。これがチーピンと言われるボールです。

 

チーピンはヘッド軌道がアウトサイドインでもインサイドアウトでも出ます。フェースが極端に左へ向いたインパクトが原因です。少し打ち出しに高さがあればインサイドアウトになっていて低く左に飛び出すならアウトサイドインになっているはずです。

 

極端にフェースが閉じたインパクトになる場合の多くはインパクト時のグリップエンドが高くなりフェースが返った状態になるとかなりフェースが左に向きやすくなりチーピンとなります。

 

この方の場合は全てのクラブで同じようにグリップエンドが高い位置でインパクトしているのでしょう。そしてスプーンやドライバーのロフトになると下に落ちながらフックするような打球になってしまうと思います。

 

矯正方法の一つとして、膝立ちの状態でゴムティなどに対して構えてゴムティを叩きます。チーピンがでる方であればほぼ間違いなくティの手前を大ダフりするはずです。そこで手前をダフらないためにグリップエンドを上から下に押してシャフトが地面と並行にインパクトするくらいのつもりでちょうどいいと思います。これを手元を高くしてダフリを防ごうとすると逆効果になってしまうので注意してください。