ダフリやすい方に向けて

では確認です。

①まずPWを持ってアドレスして下さい。

②次に、ショットをするかと思いきや、いったん上体だけをお越し、打とうと思った地点(目標)を確認して下さい。

③最後に、②の動作中、クラブヘッドが地面についたままか、もしくは上体が起きた分だけ同じくクラブヘッドも地面から離れていたかどうかをチェックします。

ダフリやすい方の傾向の1つとして、左手とクラブの角度が上手く保てない事が挙げられ、③の結果が地面についたままの方は、この可能性が非常に高いです。

原因は、左腕1本で簡単に持ててなかったり、グリップのマズさだったりが大半ですので、いまいちどじっくりやり直してみる事をおすすめします。(^_^)/~

 

片足でしっかり立てますか?

普段、靴下をはく時に立ちながら行っている方は読みとばしてもらって構いません。

靴下はくのに立ちながらは絶対無理!という方で、ゴルフのボールが飛ばないとか、トップやダフリが出やすいという悩みをお持ちの方は、以下のトレーニングをオススメします。(ただし、足首やヒザにトラブルがある方は、それを治してから行って下さい)

① 両足を揃えて立った状態から、右腕を肩の高さまで体側に沿って上げ、その高さで指先を壁につけ身体を安定させる

② 右ヒザを太ももが身体と直角になるところまで上げて静止する(この時、お尻が後ろにずれて”くの字”にならないよう、あたまのてっぺんから左足までが真っ直ぐになるように立って下さい)

③ 左足首とヒザを曲げ軽く体を沈めた後、元の位置まで戻す動作を連続で10回行う(沈み具合は目線で10~15センチ程度、テンポ目安は曲げて1秒、戻して1秒で、1往復が2秒くらい)

④ 身体を反転させ、壁につける手と立つ足をチェンジして、同じ動作を10回連続で行う

⑤ ③と④をセットにし、2ないし3セットを行い、いったん終了

⑥ ⑤を1日の中で間をあけて3回以上行う(例えば、朝、昼、晩とか)

以上のトレーニングを続けて行く中で、楽に片足立ちしながら靴下がはけるようになる頃に、ショットの変化が見られるようになるかもしれません。またこのトレーニングで左右差があるようでしたら、多少その差を縮めるよう負荷の度合いを変えていくのも有効です。

怪我には十分注意しながら、少し気長に取り組んでみて下さい(^_^)v

ダフリを防ぐ右手

ダフリのミスが多い方へのアドバイスです。

雑誌などでは、右手のグリップの正しい握り方は親指と人さし指で作られるVの字は右肩を指すという文言をよく見かけます。言い換えればフックグリップになりますが、私はこの意見には反対です。

実際にダフリのミスにお悩みの方に、右手一本でボールを打ってくださいとお願いすると、右手をフックグリップに握っている方が非常に多いと感じます。

ダフリのミスは、単純に考えるとヘッドが落ちてしまうミスになります。これを防ぐ為にはグリップを上から押さえるのが有効です。言い換えるとヘッドを持ち上げる為には反対側にあるグリップを押し下げるという事になります。

試しに右手一本で地面に構えたクラブヘッドを持ち上げてみてください。その際に手の高さを変えないように注意してください。

この時に出来た形が、ご自身にとってのベストグリップになると思います。

フックグリップになる方よりも、スクエアグリップやウィークグリップになる方の方がきっと多いと思います。

フックグリップに握っている方でも、バックスイングの始動時にヘッドを持ち上げる方向に使えれば、もちろん構いません。

ダフリにお悩みの方は、お試し頂ければと思います。

おもちゃのクラブ

 

おもちゃのクラブとボールを使用してフルショットした場合、あなたはどんなショットになるでしょうか?

 

①ナイスショット

 

②トップ

 

③ダフり

 

どんなショットが出るかによって、実際のゴルフの力量が推測できるかもしれません。

 

何をふざけた事を言っているんだ。ナイスショットを打てるのが一番上手いに決まってるだろう。・・・と思う方が大多数かもしれませんが、おもちゃのクラブと実際のクラブでは異なる部分があります。

 

実際のクラブではクラブ全重量にしめるクラブヘッドの重さは相当なものがあります。ドライバーで例えると全重量が300グラムに対してクラブヘッドの重さは200グラムを占める場合などもあります。この数字はクラブ全体の重さの67%をしめる事になります。

これに対して私が持っているおもちゃのクラブでは、クラブ全重量に占めるクラブヘッドの重さは40%でした。

 

ということで、私の独断と偏見で出した答えは実際のゴルフが上手な人ほどおもちゃのクラブで打つとトップするはずです。上記の回答にはありませんが、空振りのミスが出るのがもっともゴルフがうまい人かもしれません。

 

反対に目も当てられないのはダフる人です。おもちゃのクラブでダフってしまう方は実際のクラブではヘッドの重さに対する対処が出来ない可能性が大だと思われます。

ダフりにお悩みの方は、クラブヘッドを落とさずに振れるように練習されると中、上級者への道が開かれるでしょう。

 

ダフリトップのメカニズム

ダフリやトップに悩まされている場合の原因を究明するための簡単なメカニズムのお話をしたいと思います。

 

コンパス、定規、ペンを用意してみて下さい。

 

まず、定規で紙に真横に直線を一本引いて、この直線の上に先ほどの直線が接線になるようにコンパスで円を描いて下さい。

 

この時の円の中心が首の付け根、円がクラブヘッドの軌道、直線が地面で、今描いた円がレベルスイングでボールだけを打った軌道で、円が直線と接しなければトップ、直線を通り越してしまったらダフリです。

 

ダフリトップが無い状態は円の中心が適切な位置にある事と、コンパスの付け根のネジがしっかりしめてある状態です。

 

ダフリトップは円の半径の長さが変わるか中心の位置がずれる時にしか起こりません。

 

円の中心にあたる首の付け根は前傾の角度の変化、脚の伸び縮み、などが大きく影響し、半径は腕の各関節の動きが影響します。

 

自分のダフリやトップがどのようなパターンなのかしっかりと突き止めた上で原因と思われる部分を改善するようにして行くと頭の中も整理されていくと思います。

 

 

 

 

 

 

 

スタンス幅

スタンス幅とスイングの関係についてです。

スタンス幅が狭いと、スイングはアップライトになりやすく、反対に広いとフラットになりやすくなると思います。

テンプラに悩んでいる方は、スタンス幅を広くする事で軌道がシャローに変われば治るかもしれません。

ダフリに悩んでいる方は、スタンス幅を狭くすることで軌道がアップライトに変われば治るかもしれません。

狭いスタンスや広いスタンスなど色々試してみて、自分に合ったスタンス幅を探してみると良いと思います。

良いダフリ悪いダフリ

ザックリと言われる、ボールの手前にヘッドが突き刺さりボールがほとんど飛ばないミスショットがあります。これは一種のダフりです。

 

他にラフに浮いているボールの下をくぐってしまい飛ばなくなるいわゆるダルマ落としやダフったけどまあまあちゃんと飛んでいくダフリなど様々あります。

 

ザックリはインパクト直前からインパクトにかけてヘッドが急降下しながらフェースが閉じている時に最もヘッドが地面に突き刺さりやすくなります。この動きで振られたときにクラブヘッドのスイング中の最下点が下にずれた時にザックリが起こります。

 

それに対して、よくヘッドが低く入って低く抜けるように打てといわれるような軌道でフェースがターゲットラインに対してわずかに開いて入り閉じて抜ける状態であればインパクト寸前にバウンスが地面に当たり少しヘッドを滑らせてくれるので小さな度合いであればナイスショットにもなってくれます。

 

上手な人ほど上記のクラブの当たり方が作れるので少々スイングのミスがあっても結果オーライになってくれますのでスコアがくずれにくくなります。

 

ダウンブローというものを先ほどのザックリになるような動きとして勘違いしてしまっている人も多くいます。特に近年のアイアンは重心位置が低くなっているのでターフが取れないくらいのインパクトでも十分に球の高さを出す事が出来ますのであまり深くヘッドが入らないように注意して打つといいでしょう。

ドライバーのダフリ

最近ドライバーの重心位置が多彩になりました。自分のスイングにあったドライバーが選べるようになってきました。このうちの重心深度の深いものはダフリやすいので注意が必要です。

 

重心深度の深いクラブの見た目の特徴は、フェースの上下が短く、構えた時のヘッドを見て左右に長く見えます。こういうクラブはソールのフェースから離れた側がインパクト前に落ちやすいためにダフッてしまうことがあるので注意が必要です。この場合はフェースが薄いのでティアップを低くしたくなるのですが、少し高く感じるくらいにするといいと思います。

 

元々、球が低い方なら気にする必要はありません。

ラフでのダフり

最近は気温も上がり芝生の成長も活発になってきました。これから9月にかけて最もラフからのショットが厄介になる季節です。

 

ラフでダフるとかなりショットの距離をロスしてしまいます。ダフりといっても人によりダフりの定義も違うでしょうから一概には言えませんが10センチほどに芝生が伸びたラフからボールを打つ場合はヘッドがボールの30~40cm手前の芝生に最初にさわります。この場合、ボールの手前の芝生をヘッドがさわったらダフりと考えている人であればこのショットはダフりということになってしまいますが、結果的にはナイスショットです。

 

芝生は地中に根があり、地表に茎、地上に葉があるのですが、このうちの葉の部分だけをヘッドが通れば比較的抵抗が少なくなり葉先に近いところだけを通れればかなりヘッドへの抵抗を軽減できます。葉の茎に近い部分は固いのでここをさわらずにショットできれば脱出には成功できることになると思います。地面にヘッドがさわるようではよほどの力がないと距離は出ないでしょう。

 

また、ラフに止まったボールは葉先からは沈んでしまいますが、地表からは浮いた状態になることがほとんどで場合によっては5cm以上地表から浮いている場合もあります。ラフからのショットの際のライの見極めで勘違いが多いのがこの部分で、葉先から沈んだボールを上から見てボールが沈んでいると判断する人が多いのですが、この際には葉先からどのくらい沈んで地表からどのくらい浮いているか、そして葉の固い部分よりボールが上にあるか相手にあるかまで見極めることができればラフから適切な対処ができます。密度の高いラフであれば葉の固い部分がボールを下から支えてくれる形になり脱出には問題ないことが多いのですが、逆に密度が小さければ葉の固い部分の間に沈んでしまいショートアイアンでも脱出困難になってしまいます。

 

ラフからのショットでのボールのライの見極めの際は葉先からどのくらい沈んでいるか、地表からどのくらい浮いているか、葉の根元の固い部分に対してボールが上にあるか下にあるかをよく観察してください。コーライや野芝なら浮いている場合が多く、洋芝の柔らかい葉のラフなら地表近くまで沈みやすくなります。

 

ボールが葉の付け根の固い部分の上に浮いている場合はアッパーブローにヒットするといい場合が多く、地表近くまで沈んでしまっていればダウンブローに打つといいでしょう。

 

ラフでのボールのライの観察不足によるミスショットはとてももったいないので、ライの確認を怠らないようにして夏場のゴルフをお楽しみください。

 

 

アイアンのザックリ

知恵袋から質問だけ拝借してきました。

Question

ダフリがひどくてゴルフが嫌になってきちゃいました。ひどく悩んでいます。 アイアンのダフリ癖がどうしても治りません。
フェアウェイ真ん中やショートホールのティーショットなどで良く出ます。
地面を深く掘ってしまって、ボールは30ヤードぐらいしか飛びません。
アプローチでは全くダフリは出ません。またウッドでもダフリは出ません。
スチールシャフトが重すぎるのかと疑って、カーボンの軽いアイアンで試しましたが
全く同じようにダフリます。
ダイナミックゴールドも勿論試しまたが、同じでした。

ダフる時は左腕が詰まった感じがして地面にクラブが深く刺さります。
そして、左手親指が地面に押さえつけるように力が入っている感じがします。

逆にトップは全く出ません。トップする人が羨ましいほどです。
ダフりさえしなければ、ゴロでもどスライスでも何でも幸せ!という心境です。

下半身リードが出来ればダフらない、とアドバイスされたこともありますが
頭では分かっても身体が理解できていないようです。
もっと上半身や腕の力を抜け、と言われても、
脱力すると本当にクラブが地面に落ちちゃいます。
どんなイメージで、どんな練習をしたら良いでしょうか?
アドバイスをお願いいたします。

私のデータをお伝えいたしますと
45歳男、ゴルフ歴20年、HC8、1W飛距離250y 他にデータが必要でしたら
ご質問下さい。
よろしくお願いいたします。

Answer

先ずはこの質問者の方の質問の仕方に感心しました。ご自分なりにクラブのせいではないようで、スイングした時の自分のフィーリングとミスショットの内容がとてもわかりやすく説明されています。いいと思ってやってみた内容も説明されていて回答者にとってこの方がどのようなスイングになっているのか想像がしやすくなっています。さすがシングルプレイヤーですね。

さて、回答ですがこの方のインパクトはアドレス時の腕とシャフトの角度よりも伸びてしまうためにスイングの半径が長くなってしまいヘッドが地面に突き刺さってしまうのが原因のようです。もしかしたらコースでのみダウンブローに打とうという感じになってしまうのかもしれません。練習でアイアンマットから打つときはレベルブローか軽いダウンブローに打てているのでしょうから練習場とコースでの球の捉え方をキッチリと決めてこの方の場合は練習場でもコースでも地面にあまりさわらずボールだけを捉えるように決めて打つだけで改善されるのではないかと思います。